2014.08.11【日译中】互联网时代冒险生存下来的书屋

可可之家1314 (可可之家1314) 路人甲
16 0 0
发表于:2014-08-11 17:28 [只看楼主] [划词开启]


ネット書店や電子書籍が発展している今、街の本屋が存続の危機にさらされている。便利なオンライン書店や電子書籍などの出現により、本屋は近年、経営難に直面し、倒産や店舗移動なども珍しくない。しかし本屋には、実際に本を手にとって見ることができ、好きな本との偶然の出会いを経験できるなど、オンライン書店とは違う醍醐味がある。それは多くの人にとって、思い出となっており、本屋が全くないとなると、それはさみしいことだ。

 

  网上书店和电子书在发展中现在,正威胁着街上书屋的生存。由于便捷的在线书店和电子书的出现,书屋近几年,面临着经营困难,倒闭和店铺转让等很是多见。但是在书屋,可以真的把书拿在手里看,可以体验到突然遇到自己喜欢的书等,有着和在线书店不一样的乐趣。那对很多人来说,是回忆,当书屋完全消失的时候,那是很寂寞的事。

 

  中国の場合

 

  在中国

 

  メーデー連休の夜、北京初の24時間書店である三聯韜奮書店では、利用者数が平日夜の2倍になり、深夜に書店を訪れるのが新たな連休の娯楽となっている。

  五一劳动节连休的晚上,在北京第一家24小时营业的三联韬奋书店里,使用者是平时晚上的2倍,深夜去书店成为了新的连休的消遣。

 

  夜の利用者は若者が最も多いが、普段はめったに見ない親子連れや中年夫婦、単身の高齢者や一時的に失業中の人などもいる。夜の書店利用はすでに読書自身の範疇を越え、社会生活の一部となっている。

 

  晚上的使用者里面年轻人最多,一般少见的父母带着孩子,中年夫妇,单身的老年人和暂时在失业中的人等都会有。晚上去书店已经超越了读书本身的领域,成为了社会生活的一部分。

 

  広東省広州市で712日、同市初の24時間営業の書店がオープンし、たくさんの愛書家たちが来店した。オーナーは、この24時間書店が速いリズムで生活する都市の人々にとって落ち着ける場所になること、広州市の精神を高める灯台の光になることを願うと話す。

 

  在广东省广州市7/12号,在市里开着第一家24小时营业的书店,许多的爱看书的人来到这里,主人说希望这个24小时的书店对于快节奏的城市生活的人们来说可以成为让人放松的地方,成为提高广州市精神的台灯上的一束光。

 

  現代人はぜいたくで便利を追求しているが、情緒も決して忘れてはいない。本の購入も、単に「便利」を求めるなら、通勤途中に駅にある売店で好みの本を手に入れることができるだろう。人々の欲求を満たすような本屋は、老若男女問わず、さまざまな人が集まって来るだろう。

 

  虽然现代人追求着奢侈而便利,但是绝不会忘记情趣。买书如果单单只是为了方便的话,在上班途中车站附件的小卖部里就可以买到喜欢的书。像这样满足人们欲望的书店,无论男女,各种各样的人都会聚集过来的吧!



最后编辑于:2014-10-29 20:21
分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团