2014.08.19【日译中】超集中状態「ゾーン」に入っているか? を見分ける方法

发表于:2014-08-19 12:41 [只看楼主] [划词开启]

超集中状態「ゾーン」に入っているか? を見分ける方法
極端に追い込まれたり、プレッシャーを感じるとき、人間はフロー状態になります。「フロー状態」とは、心理学者チクセントミハイによって名付けられた、人間があることに没入している超集中状態を指し、これを俗に「ゾーンに入る」と呼びます。日本では人気漫画「黒子のバスケ」の作中でよく描かれ、この言葉も有名となりました。(※超集中状態「ゾーン」に入る方法を参照してください)
 你进入了超集中状态的情景里了吗? 区别是否进入的方法
被逼入绝境的时候,或者是感觉到压力的时候,人就不会变成一种沉浸的状态。所谓“沉浸的状态”是心理学家契克森米哈命名的,是指人们全身投入一件事情的超集中状态,说白了就是“进入情景了”。在日本人气漫画作品《黑子的篮球》中经常被描写,这句话也早已传为佳话。
「ゾーン」に入ることで、時間が止まったかのような、研ぎ澄まされている感覚を味わい、短い時間の中で適切な判断ができるようになります。しかも「ゾーン」に入っているときは、恍惚感、多幸感を抱くことも特徴。これは「痛み」を「快感」に変える神経伝達物質「エンドルフィン」が脳内で分泌することによる作用と言われています。
 因为进入情景,时间好似停止了那样,体会敏锐的感觉、在短时间内可以做出适当的判断。而且进入情景的时候,多伴有恍惚感、陶醉感也是其特征。这被认为是将痛感转为快感的神经传导物质内啡肽在脑内分泌起到的作用。
もともとはスポーツの世界で使われた言葉ですが、ビジネスにおいても、日常生活においても「ゾーン」に入ることは可能です。「ゾーン」に入ると、「先送りをなくす」「苦手意識を克服する」「最後までやり通す」……といった、多様なメリットを享受することができます。
曾经是在体育世界中被使用的语言,即使在商务领域、日常生活中,进入情景也是有可能的。一旦进入情景,“摒弃拖延、克服畏惧意识、坚持到最后”就能够享受像这些一样的,多种多样的好处。
 
さて「ゾーン」に入るためには、極端に追い込まれること、強いプレッシャーを受けることが必要なのですが、このとき、「ゾーン」に入っているかどうかを見分ける方法があります。それは、「超集中状態のときに、何らかの理由で妨害されたとき、気分を害さないかどうか?」で判断します。
那么为了进入情景,虽然被逼入绝境、感受很强的压力是很有必要的,这时有一种区别的方法。这是用“当进入超集中状态的时候,因为某种理由被干扰的时候,情绪是否被破坏”这样的方法来判断。
 
たとえば、電車に乗り遅れないように駅に向かっている状況をイメージしてみましょう。多くの人で駅の構内が混雑しています。しかしあと数分で電車が行ってしまう状況の中で、ごった返す人ごみの中を、ゲーム感覚ですり抜け、切符を買い、改札口を抜けてプラットホームまで落ち着いた足取りで早歩きができる――この研ぎ澄まされた状態が「ゾーン」に入っている証拠です。たとえ途中で「切符売り場はどちらにあるのでしょうか?」と誰かに問い掛けられても、「切符売り場なら、あの改札口の右手にありますよ」と微笑みながら答えられます。「ゾーン」に入っていると時間間隔が歪みますので、突発的に想定外のことが起こっても冷静に対処できます。
例如,让我们假想一下,为了赶上电车前往车站方向的状况。因为有很多人,车站内混乱不堪。可是几分钟之后,电车即将驶离的情况下,在拥挤的人群中像游戏的感觉似的穿过去,买票、通过检票口后,用匀速的步伐也能快步行进。这种敏锐的状态就是进入情景的证据。假设即使在途中被人问到“卖票口在什么地方?”,也能微笑的回答“卖票口在检票口的右面”。一旦进入情景,时间距离将被扭曲,因此即使突然发生意料之外的事情,也能够冷静对应。
 
しかし「ゾーン」に入っていないと、ごった返す人ごみの中をイライラしながら走り進むことになります。人にぶつかり、「どけよっ」「邪魔だよっ」と心の中でつぶやきながら、改札口を目指すことになるでしょう。そんなときに「切符売り場はどちらにあるのでしょうか?」と誰かに問い掛けられたら、「知りません!」「私に聞かないでよ。急いでいるのがわからないのっ?」と感情的に対応してしまうことになります。
然而如果没有进入情景,拥挤的人群中焦躁不安的前行。与别人碰到了,心里就会一边嘟哝着“走开呀”“碍事了你”,把检票口作为目标了吧。这个时候,如果被人问到“请问卖票口在哪里啊?”,“不知道!别问我,你没看出来我很急吗”就会这样去应对了事了。
 
ビジネスにおいても、そうでしょう。突如として上司から仕事を頼まれ、1時間で見積り資料を2枚作ればいいかと思っていたところ、それに加え、来期の行動計画書や、一週間前の研修報告書まで提出しなければならないとわかったときでも、「ゾーン」に入れば感覚が研ぎ澄まされていきます。
 即使在商务场合,也是如此。突然情况下上司交代自己事情,本想着1个小时内做2份报价资料的话应该可以了吧,突然来了这样的事情,虽然这个时候想着“下期的行动计划书”和“一周前的研修报告书也必须要提交了”这样的事情,如果进入了情景,感觉就会变得敏锐。
超集中状態で仕事をこなしている最中に、同僚から「さっき送ったメール見てくれた? 先日のイベントで撮った写真を添付したんだけど」と呑気に言われても、「ああ、ありがとう。6時までに見積り2枚と来期の計画書、そして研修報告書も作らないといけないから、その後にチェックするよ」と穏やかな口調で返事ができます。しかし「ゾーン」に入っていないと、感情的な受け答えをしてしまうことでしょう。「そんな暇ないよ! さっき課長から突然、来期の行動計画書を作れって言われてさァ。冗談じゃないって……。それならそれで、もっと前から言ってほしいし、しかも先週の研修報告書まで6時に出せって……。聞いてねーよ、そんな話ィ……」と愚痴をこぼしたりします。
在超集中状态下正在干工作的时候,即使同事漫不经心的说“刚才发送的邮件看了吗?前几天活动中拍的照片添加进去了”,“啊啊,谢谢,6点前我得做2份报价、下期的计划书还有必须做研修报告书,之后再去确认哦”,就可以用这种和气的语气回答。但是如果没有进入情景,就会感性的去回答了吧。“没有那份闲工夫!刚才科长突然说什么,让我做 下期的行动计划书。这不是开玩笑吗。那样的话不应该早点告诉我,而且说是上周的研修报告书也要在6点前完成,你听听,竟然说这种话”就会发这样的牢骚。
 
「ゾーン」に入るためには、強烈なプレッシャーを自分に課す必要があります。そうでないと「エンドルフィン」が分泌されず、「痛み」を「快感」に変えることができないからです。感情的になってしまうのは、闘争本能を呼び起こす神経伝達物質「アドレナリン」が過剰分泌するからでしょう。
为了进入情景,必须有必要给自己强烈的压力。如不不那样的话,内啡肽就无法分泌,因为痛感无法转变为快感。敷衍了事,是唤醒斗争本能的神经传导物质肾上腺素分泌过剩的原因吧。
 
感情的になると、行動の「質」が劣化します。前述の例だと、6時までに見積り資料2枚、行動計画書、研修報告書を作成したとしても、上司から「全然違うよ、資料の作り方が。誰がこんな風に作れと言った? 資料の作成方法がわからないんなら、どうして私に聞かなかったんだ? そのほうが速いだろう? やり直しだ。7時までに作りなおして持ってくるように」などと言われてしまうかもしれません。感情的になって作業をこなした本人は、「やってられねーよ!」と、さらに感情的になるでしょう。
一旦草草应对,行动的质量就会低下。在前述的例子中,即使6点之前做2份报价资料,行动计划数、完成研修报告书,“完全搞错了哦,做资料的事情。谁说要按照这个样子做的?做资料的方法不知道的话,为什么不问我呢?那样会很快完成吗?重做吧。7点之前重新做好拿给我”有被上司这样说的可能。随意敷衍了事反而要重新做的自己会说“我干不了哦”,将会更加感情用事哦。
 
感覚が研ぎ澄まされていると、落ち着いて最良の判断をしようと縞します。適当に資料作成をすると、あの上司のことだから容赦なく、やり直しをさせられるかもしれない。少し気が引けるが、こういうときは上司に質問したほうが速いだろう。……このような状況判断ができ、結果的に質の高い仕事を短時間でこなすことができます。
如果感觉敏锐的话,会稳妥地做出最佳的判断。即使很好的完成资料的制作,因为是那位上司的缘故可能不会被原谅并被要求重做。或许稍微有些不好意思,这个时候最好向上司问一问,工作的完成可能会更加快哦。如果做到这样的状况判断,结果就可以再短时间内完成质量很高的工作哦。
 
正しく「ゾーン」に入るためには、「期限」と「ノルマ」の2軸で、自分にプレッシャーをかける必要があります。これは資格試験の勉強においても、朝のお弁当作りにおいても、営業先でのプレゼンテーションでも同じことです。短い時間で高いクオリティの結果を出すという、トレードオフの関係にありそうな2つの事柄を両立させようとするために極限状態に入るのです。
为了进入正确的情景,以期限和定额这2个为核心,有必要对自己施加压力。这在资格考试的学习中、早上做便当的时候、销售时的演讲也是相通的东西。所谓短时间内做出高品质的结果,为了兼顾在权衡的关系当中似乎存在的2件事情,进入一种极限状态。
 
進化した電子デバイスにより、いつでもどこでもネットワークがつながる時代です。今は特に「集中力」が成功の鍵と言えるでしょう。日常生活を平穏に過ごすためのキーワードであることは間違いありません。最近、先送りしてしまうことが多い。ネットに依存してだらしない日々を送っている……という人は、「よし! 今からゾーンに入るぞ」を掛け声に、1日に1度や2度、研ぎ澄まされた感覚を味わう経験をしてみてはいかがでしょうか。繰り返すことでだんだんとコツがわかってきます。キーワードは「多幸感・恍惚感」です。たとえ「やらされ感」たっぷりではじめたことでも、やり遂げた後に気分が高揚してきたら「ゾーン」に入っていた証拠です。
因为不断进步电子设备,现在是一个何时何地都处在网络连接状态的时代。现在更可以说集中力是成功的关键。说它是为了让日常生活平稳度过的一个关键词也没有错。“最近拖延的事情很多”“依赖网络浑浑噩噩过日子”这样的人,来一句“好吧,从现在起进入情景了哦!”,在1天内1次2次的体会敏锐的感觉,尝试一下这种经验如何?重复做做就会渐渐找到窍门。关键在于“陶醉感、恍惚感”。即使开始充满着“被迫感”,做过之后情绪高扬起来了,这个也是进入情景的证据。
 

@不离不弃亦离弃 @珊狗儿 @小风雨过 @管子爱学习 @卡因酱 @sumomomoku @aiueo_chen @zhangyan83

最近的小伙伴都很忙似乎~点评的人少啊。。。。是不是我翻的文章看着没劲啊?

 

分类: 日语
全部回复 (8) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团