2014.10.30【日译中】魔女の家第三章4-13

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
6 5 0
发表于:2014-10-30 07:12 [只看楼主] [划词开启]

魔女の家
~エレンの日記~
作者=ふみー
手打搬运  请勿随意转载


今まで、黒猫は、前の魔女に関して何も話してくれなかったが、魔女の死について明らかにしてしまった今なら、答えてくれるような気がした。
之前黑猫对于前魔女的事情只字未提,但事到如今魔女死亡的真相已经明了,我觉得它应该会给我答复。

「生きてるよ」
黒猫はあっさりと言った。私は安心した。その答えだけでじゅうぶんだったのだが、黒猫は話を続けたがっていた。
“她活着哦”
黑猫干脆地说道。我安心下来。我觉得这个答案就已经足够了,但黑猫还是继续说道黑猫还想继续说下去

「彼女はね。やめられなくなっちゃったんだよ」
“她呢,根本停不下来了哦”

何を?
首だけ振り向いて、目で問いかける。
停止什么?
我转过头,用眼神询问道。

「この家で人を殺すこと」
“用这个家杀人”

私は表情を変えなかった。
我的表情丝毫未变。

それでも興味を持ったことが伝わったのだろう。黒猫は、もったいぶるように間を置いてから、続けた。
即使如此,大概是想告诉我一些自己感兴趣的东西吧也许即使如此,黑猫也收到了我感兴趣的信号,黑猫装出一副煞有介事的样子,停顿了一会继续说道:

「この家で人を殺すことの恍惚(こうこつ)感にとりつかれて、この家から離れられなくなっちゃったんだよ。もともと、そんな望みなんて持ってなかったんだけどね。まあ、持ってなかったってのが、まずかったのかな。彼女のことも、嫌いじゃなかったけれど、僕にはもう、手に負えなくてね。彼女の望みを叶えてあげたよ。彼女は、ずっとここにいたいって言うからさ。だから、君がこの家に来てくれて、彼女は喜んでたよ。君みたいな魔女が住めば、彼女も、生き返るからね。ーー気づいてた? 彼女は、君のこと、ずいぶんと気にいってたよ。君も、彼女みたいになっちゃうんじゃないかなって、心配したこともあったけど、そんなことはなかったね」
“她沉浸于用这个家杀人的恍惚感之中,变得无法离开这个家了哟,虽然她本来是没有这样的愿望的。不过,可能没有愿望才比较糟糕吧。虽然我也不是讨厌她,但最后已经脱离掌控了呢。所以我就实现了她的愿望,因为她说要永远呆在这里啊。你来到这个家,她也很高兴哦。如果有像你一样的魔女住在这里,她也能复生。——发现了吗? 她很喜欢你哦。虽然我也担心过你会不会变得和她一样,但是这个担心好像是多余的”

「……彼女は」
“……她”

ーーぱしゃ。
私は足を止めて、高い天井をぐるりと見渡した。
——啪嚓。
我停下脚步,将高高的天花板环视了一圈。

この家のことを思い出した。私の魔法であり、私の身体の一部であり、とても親切に、そしてときどき意思があるように、私を見守ってくれる家。
我想起了这个家的事情。是我的魔法,又是我身体的一部分,非常亲切,时而好似拥有自己的意识一般,守护着我的家。

私は唇をしめらせれから、言った。
「魔法になったのね」
我咬着嘴唇说道:
“变成魔法了呢”

「そ」
そう言って、黒猫は満足そうに尻尾を揺らした。
“没错”
这么说着,黑猫仿佛很满足地摇了摇尾巴。


どこかから、私ではない、女の子の無邪気な笑い声が聞こえたような気がした。
我感觉不知何处传来了女孩子天真无邪的笑声——那并非是我的。



あとごれぐらいなの? と聞くことはもうやめた。
“还差多少呢?” 我已经放弃询问了。



(TBC


啊啊啊啊艾莲。艾莲。你明明什么都没有做错。
接下来又是一段悲伤的关键情节。小瓶要来了。


最后编辑于:2014-11-21 11:48

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (5)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团