2014.10.29【日译汉】味噌(8)(17句)

发表于:2014-10-30 11:11 [只看楼主] [划词开启]

米味噌豆味噌麦味噌の特徴と地

味噌·豆味噌·麦味噌的特征和地域

味噌の種類の一つ八丁味噌

味噌的种类之一·八丁味噌

全国的に見て、一般的な味噌は米味噌であり、豆味噌(赤)は、中京地域のみで造られている。米味噌の色は、黄色や黄色を帯びた白色、赤色など多様。米味噌は淡色の場合、一般に煮大豆を用いるが、赤みのかなり濃い米味噌は蒸し大豆を用いる。また、米麹が多く使用される味噌ほど熟成期間が短く済む傾向もある。米の白味噌では信州味噌西京味噌が代表的で、米の赤味噌では津軽味噌仙台味噌などが代表的である。西京味噌は甘みが強く、仙台味噌は辛みが強い。津軽味噌はコクがあり、信州味噌はあっさりとした口当たりを特徴とするなど様々な特徴がある。米味噌の多く消費される地域は、東日本全域と、北陸地方近畿地方である。なお、日本の都道府県の中で1世帯あたり味噌消費量の第1位は長野県であり、またその生産量においても長野県が群を抜いており、おやきなど地域での名産品もある。

注:北陸 【ほくりく】【名】

1)「北陸道」的略。(富士石川福井新潟4県の総称。北陸地方。)
2)日本新潟、富士、石川、福井各
称。(北陸道の略。)

注:都道府県 日 【とどうふけん】【名】

都道府。日本在共一都、一道、二府、四十三。(都と道と府と県。1 1 2 43 県がある。国と市町村の中間に位する広域地方公共団体。議決機関として議会,執行機関として知事を置く。)
都道府県公安委員会。/都道府
公安委会。

全国普遍能到的,最平常的味噌是米味噌、豆味噌()只有在中京地域生。米味噌的色有黄色和黄色中些白色、色等种类。米味噌的色淡的,一般是使用煮的大豆,是使用了蒸豆的味道重的米味噌。此外,米曲使用得多,味增的成熟时间短。以米原料的白味噌中,信州味噌·西京味噌代表,以米原料的味噌中,津味噌、仙台味噌代表。西京味噌的甜味,仙台味噌的辣味重。津味噌味道郁,信州味噌口感清爽等各的特点。米味噌量多的地区是在整个日本地区、北道和近地区。此外、在日本都道府中,以家庭为单位,味噌消量居于第一位的此外,它的生量在也是排在出众的,是おやき?(是神地方?)等地的地方名

麦味噌は生産量の11%ほどを占め、九州中国地方西部、四国西部では主に麦の白味噌が造られている。北関東では、大麦を使った赤味噌が造られている。

麦味噌的生量大11%,九州、中国地区西部、四国西部是主要的以麦原料制作白味噌的地区。

豆の赤味噌は蒸し大豆(或は煮大豆)と豆麹を用い、米の赤味噌よりも熟成期間が長いので、その色は米の赤味噌よりもさらに赤みが強く黒味を帯びた濃い赤茶色である。米味噌や麦味噌に比べて甘味が少なく、渋味がありうまみが強いのが、大きな特徴である。豆味噌を主として消費するのは中京圏愛知県全域、岐阜県美濃地方の中南部西部三重県北東部に限られる。豆味噌では、八丁味噌が代表的である。

以豆原料的味噌,使用蒸的大豆(或者是煮的大豆)和豆曲,比起以米原料的味噌,成熟期,它的色与以米原料的味噌相比,色更重,重的茶色。米味噌比起麦味噌,甜味少味重是一大特征。豆味噌的主要消区域是在中京圈的全域、岐阜地区的中南部和西部、三重县东北部。豆味噌中,以八丁味噌代表。

なお、近年ではこの他に雑穀アワヒエキビを使った味噌が一部の自然食品店などで販売されている。


注:粟 【あわ】【名】

谷子;小米。(九月ごろ穂状の花を開く一年草。実は小粒黄色で、五穀の一つ。
 もち粟。/粘谷子。
 粟つぶ。/小米粒。

注:稗 日 【ひえ】〈植〉稗子

近年来,使用粮的味噌,小米,稗子,キビ?(是神,莫有到)有一部分在自然食品商店等也在售。

つづく

分类: 日语
全部回复 (4)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团