2014.11.01【日译中】【小说】十一ミス研推理録~VS自殺屋~第四章01(28句)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
16 2 0
发表于:2014-11-01 11:34 [只看楼主] [划词开启]

4.現場

4.现场


 一時間後――久保の家の前には重大事件を反映するように、何台もの警察車両が集結していた。騒ぎを聞いて駆け付けてきた、ヤジ馬の数も尋常ではない。

一小时后——久保家门口停了好几辆警车,看来似乎发生了什么重大事件的样子。听见了骚动前来围观的群众数量也是多得非同一般。


「死んだのって誰?」「何が起きたの?」

“听说有谁死了?”“发生什么事了?


 そんな声が微かに聞こえてくる。関係者にとってこれほどの苦痛はない。

再没有比这些传入死者亲友耳中的窃窃私语,更令他们感到痛苦的事了。


 十一朗と裕貴は久保の部屋を出た二階の窓から、眼下の様子を眺めていた。

十一朗和裕贵从二楼久保房间的窗户往外看着目前的情况。


 その騒ぎをかき分けて、久保の両親が姿を見せた。日曜にも関わらず、生活費のため、娘の将来のために仕事をしていた両親は、たった一本の電話で娘の死を伝えられたはずだ。

骚动的人群朝两边分开,现出了久保父母的身影。就连在周日,也为了生活费和女儿的将来照常工作的久保的双亲,大概是接到了一通传达女儿死去消息的电话。


 久保の母親は人形のように冷え切った我が子を見て、口を押さえながら号泣し、座り込んだ。父親は妻を労わるように肩を寄せた。だが、その手は小刻みに震えていた。

久保的母亲形如人偶般,凄凉的看着自己的孩子,然后用手捂住了嘴,哀嚎着坐倒在地。她的父亲想要安慰妻子似的,让她靠在自己的肩上。但是他扶着妻子的手也不时微弱地颤抖着。


 久保の両親の反応を間近にして心が痛んだ。本来なら見ないほうが良かったのだろう。

看着眼前久保双亲的反应大家都感到心痛。当初不来这里凑热闹的话就好了。


 しかし、第一発見者である十一朗と裕貴は、否でも応でも現場で事情を語らなければならない。それに刑事から久保の両親に君を引き留めておいてほしいと頼まれたと聞かされ、十一朗は会うと決めていた。

但是,作为第一发现人的十一朗和裕贵两人,不管他们愿不愿意,都必须留下来进行现场确认。再加上从十一朗刑警那儿听说久保的双亲请他们把自己挽留下来,于是十一朗决定跟他们见一面。


 しばらくして久保の両親が部屋から出てきた。これから久保が自殺であるか他殺であるか、鑑識、警察、監察医が詳しく調べるためだ。

不一会儿,久保的父母就从房间里出来了。接下来就是鉴定员、警察以及法医来详细调查久保到底是自杀还是他杀了。


 鑑識が撮るカメラのシャッター音を横で聞きながら、両親と目が合った十一朗と裕貴は頭を下げた。久保の両親も十一朗達以上に頭を深く下げ、父親は十一朗に語りかけてきた。

对上久保双亲的眼,十一朗和裕贵一边垂着头,一边侧耳听着鉴定员四处拍照的快门声。久保的双亲比十一郎他们头埋得更低,父亲开口对十一朗说道。


「話は刑事さんから聞いたよ。最善の処置をしてくれたみたいで……ありがとう」

“我已经从刑警那里听说了。你们用尽了全力抢救她……谢谢


 久保の命は戻らない。しかし、久保の父親にそう言われたのは救いだった。

久保再也救不回来了。但是,久保父亲的这番话却挽救了他们。


 もう少し早ければ……十一朗はそう言いかけたが、口にできなかった。傷口を触るようなものだ。何を言ったとしても、過ぎたことは変わらない。虚しさだけが残るだけだ。

要是再早一点的话……十一朗刚想要这么说,却怎么也说不出口。这就像是在伤口上撒盐。无论说什么,过去的也不会有所改变。剩下的一切都是徒然。


上一页    首页    下一页


最后编辑于:2014-11-01 11:36
分类: 日语
全部回复 (2)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团