2014.11.01【日译中】魔女の家第三章5-2

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
27 1 2
发表于:2014-11-01 15:00 [只看楼主] [划词开启]

魔女の家
~エレンの日記~
作者=ふみー
手打搬运  请勿随意转载


そっか。私は笑った。
是嘛。我笑了。

そのときの、カラスの私を見る目。同情していたのか、あきれていたのか、わからない。カラスは、いつものように悪態をついて、薬を置いて帰っていった。私は、すぐに窓を閉めたりすることはせずに、部屋に舞う、カラスがばら撒いていった羽を、ぼんやりと眺めていた。
那个时候、乌鸦看我的眼神。到底是同情还是惊愕,我不知道。它还是一如既往,态度恶劣地放下药物回去了。我没有马上关上窗户,而是呆呆地凝视着在屋内飞舞着的乌鸦羽毛。那是它振翅时留下的。

いつになったらこの家は、満腹になるのかな。
いつになったら黒猫は、病気が治る魔法をくれるのかな。
到什么时候这个家才能填饱肚子呢?
到什么时候黑猫才回把治病的魔法告诉我呢?

そんなことを考えるのも、もうやめた。
对于这种问题,连想都不愿去想了。

私があきらめない限り、きっと、到達する数だから。
因为那个数目,一定是只要我不放弃,就能达到的。

耳元で誰かが叫んでいる。目の奥には針が突き刺さっている。足には猛獣の牙が食いこんで、つま先からねずみにかじられているみたい。
仿佛一直有人在我耳边尖叫。眼睛里面刺着针。猛兽的牙齿深深咬进腿脚,脚尖被老鼠啃咬。

もう、そんなに暴れないでよ。うるさいな。たぶん、痛いというのでしょう。こんなの、本当に身体が痛いわけじゃないわ。傷ついた心が、勝手に私に夢を見せているだけなんだから。
真是的,别这么胡闹了。好烦啊。这大概就是所谓的疼痛吧?但其实这些完全没让我的身体感到疼痛。因为这只是受伤的心任性地让我看到的梦境。

本当は、叫び出したかった。泣きわめきたかった。
其实、我很渴望尖叫出声。很希望嚎啕大哭。

でも、誰にも届かない叫びに、何の意味があるのかしら。見てくれる人のない涙に、何の意味があるのかしら。
但是,没有人能够听到的叫喊,有任何意义吗?没有人能够看到的眼泪,有任何意义吗?

視界はぼやけて、何重にもなる。天井が、ぐるぐる、回ってる。
视线模糊成好几重。天花板骨碌骨碌旋转着。

手を伸ばせば、誰かに、夢の世界に引っぱり上げてもらえるような気がした。でも、そんなのは錯覚で、私の腕は、糸が切れた人形のようにがくりと落ちる。私はそのまま、苦痛の海に沈むの。
感觉伸出手,或许就能被谁拉出梦的世界。但那都是错觉,如同断了线的人偶一般,我的手腕猛然落下。我就这样沉入了痛苦的深渊。

(TBC


啊啊啊啊艾莲。艾莲。你明明什么都没有做错。
接下来又是一段悲伤的关键情节。小瓶要来了。

最后编辑于:2014-11-21 11:49

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 2

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团