【N1读解练习】读解025

饭小兔 (ウサギ) 高级粉丝
172 72 1
发表于:2014-11-01 22:23 [只看楼主] [划词开启]


点击查看大图更新频率:每天2期

点击查看大图资料来自沪江节目-恋恋N1读解

点击查看大图 


    問題 次の文章を読んで、後の問に答えなさい。答えは1・2・3・4から最も適当なものを一つ選びなさい。 

  家具というものを、ほとんど持ったことがない。というのも、一人暮らしをしていく中で、住居のスペースの方にお金を費やしてしまっていたからだ。つまり、分不相応の広さの空間を手に入れていたということ。 
  仕事を持ってからも、①家賃ではいつも無理をしていたような気がする。 
  仮に、お給料が二十万円だとして、実際に使えるお金の中から家賃を捻出するとすれば、四分の一の五万円くらいが妥当なライン。でも、私は十万円くらいのスペースを借りていた。ああ、こんなことを思い出すたびに高すぎる家賃にカットする! 
  いつもお給料の半分以上は、家賃にいってしまっていたと思う。 
  私は家にいるのが好きだし、空間を楽しむことも好きだし、その中で工作などをすることが好きだから、②テーブルや椅子といった具体的なものに情熱を傾けるよりも、「自分がいつもいて幸せでゆったりできる広さの空間」に情熱を傾けたかった。今でも、③この気持ちには変わりがない。 
  それに、仕事柄いろいろな家具を見ていたので、「今、この家具に決めて買ってしまうと、部屋の感じが定まってしまう。」 
  と考え、そのうちに、もっと自分の好きな家具に出会うかもしれない、などと思っているうちに、二十代、三十代はあっという間に過ぎた。 
  厚い、建材用のベニヤ板の下に事務用のキャビネットを置いて、下は収納、上は広いままの一枚板にしておく。そこにクリップライトをつけてスタンドを置く。 
  これが部屋の真ん中にメインとあって、ご飯を食べるのも、友達とおしゃべりするのも、原稿を書くのも、電話を掛けるのも、全部そこでやった。 
  このスタイルでずっと済ませてきたので、長い間ワンルーム暮らしだった。分かれたとしても、ベッドルームだけが別という感じだったから、家具らしきものは、さほど必要ではなかった。 
  ずっと昔から、ロフトというには狭すぎるが、何もないというところがロフトスタイルというか、スタジオタイプの生活で、仕事も私生活も二十四時間ミックスしていた。だから、家庭らしさと言ったことよりも、落ち着いて仕事ができることが、私の部屋の第一条件だった。 
  ソファーがほしいとか、飾り棚がほしい、テーブルがほしいといった気持ちにならなかったのは、④そのせいかもしれない。 
  つまり、⑤外の顔と家の顔というのが、きっぱり分かれていなかったのだ。いつも家にいる顔のようでいて、いつも働いているようなスタイル。だから、くつろぐということに対して、あまり興味がなかったとも言える。 
  今でも、くつろぐということ自体には、それほど興味はない。いわゆる「胡座をかいて、ドデッとしてテレビを見る」という感覚に憧れたり、それで気持ちが休まるだろうと思ったことは、ほとんどない。  
  ただ、ベッドルームに関しては、切り離して考えないとくたびれるようになってきた。 
  昔はワンルームだったから、朝起きたらちゃんとベッドを整えてお客様が来てもいいようにスクリーンを立てたりしていた。  
  でも、三十代の半ばごろ、病気がちになったりしたこともあって、⑥ベッドルームだけは壁で隔てたほうが便利だと思うようになった。ドアを閉めれば、いつでも横になれるような場所も必要だと考えるようになってきた。 
  気兼ねせずに休めるそんな空間が一つあれば、それ以外に居間などの「くつろぎの場所」は、私にはあまり必要ではなかった。 
  ゴロッとして、だらだらテレビを見るのを好む人もいれば、そうではない人もいる。 
  家に置く必要なものは、⑦こうしたスタイルによって、ずいぶん変わってくるものである。  
                              (津田晴美『住まい方は生き方』) 

問1.①家賃ではいつも無理をしていたとあるが、この場合どういう意味か。 
1.使えるお金から家賃を捻出していたと言う意味。 
2.給料の半分以上を家賃に使っていたという意味。 
3.給料の四分の一を家賃に使っていたという意味。 
4.高い家賃にカットしていたという意味。 

問2.②テーブルや椅子といった具体的なものに情熱を傾けるとあるが、どういう意味か。 
1.テーブルや椅子などにはお金を使わないという意味。 
2.好きなテーブルや椅子に出会うまで買わないという意味。 
3.テーブルや椅子を自分で作るという意味。 
4.テーブルや椅子などにお金を費やすという意味。 

問3.③この気持ちには変わりがない。とあるが、どんな気持ちか。 
1.家具よりも住居のスペースにこだわりたいという気持ち。 
2.テーブルや椅子といった具体なものにこだわりたいという気持ち。 
3.家具にも住居のスペースにもこだわりたいという気持ち。 
4.工作をすることだけを考えて住居を選びたいという気持ち。 

問4.④そのせいかもしれない。とあるが、何のせいか。 
1.ロフトスタイルの部屋に住んでいたこと。 
2.ソファーやテーブルが欲しいという気持ちがなかったこと。 
3.落ち着いて仕事ができることが部屋の第一条件だったこと。 
4.くつろぐことに興味があったこと。 

問5.⑤外の顔と家の顔というのが、きっぱり分かれていなかったのだ。とあるが、どういう意味か。 
1.ロフトとスタジオタイムの生活は同じだったという意味。 
2.仕事と私生活の区別がなかったという意味。 
3.働く場所とテレビを見る場所の区別がなかったという意味。 
4.外出のときと家にいるときの服装は同じだったという意味。 

問6.⑥ベッドルームだけは壁で隔てたほうが便利だとあるが、どういう意味か。 
1.ベッドルームだけは別の部屋にしたほうが便利だという意味。 
2.ベッドの横にだけはスクリーンを立てたほうが便利だという意味。 
3.ベッドだけは壁のそばに置いたほうが便利だという意味。 
4.ベッドルームだけはドアを閉めたほうが便利だという意味。 

問7.⑦こうしたスタイルによってとあるが、この場合「スタイル」とは何を意味するのか。 
1.テレビの見方。 
2.ベッドの置き方。 
3.休み方。 
4.暮らし方。


点击查看大图答案和解释回复可见哦~ 答题请用楼主可见模式^^ 


答案: 

-----------以下内容回复可见-----------

本帖来源社刊

分类: 精华资料
全部回复 (72) 回复 反向排序

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 练习
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团