2014.11.02【日译中】魔女の家第三章5-3

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
19 3 0
发表于:2014-11-02 08:05 [只看楼主] [划词开启]

魔女の家
~エレンの日記~
作者=ふみー
手打搬运  请勿随意转载


ベッドに埋もれながら、ここに来たばかりの頃を思い出す。
我埋在被窝里,回忆起刚来到这里时的事情。

陽だまりの空気に包まれて、眠りたくなっていたあの日。
那天,被温暖的阳光包裹着,我感到有些困倦。

森の空気は、あの頃から変わらなかった。
森林的空气,依旧和那个时候一样。

でも、時代は大きく変わっていた。
但时代,却发生了翻天覆地的变化。

人々の服装は、ずいぶんと整い、清潔になった。昔ほど、飢えた表情の子どもはいなくなった。弓をたずさえて動物を勝っていた人々は、代わりに、長い筒を持って狩るようになった。
人们的衣服变得非常整洁。像以前那样带着挨饿表情的孩子已经看不到了。本来带着弓箭狩猎的人们,已经换上了长长的筒。

あんなので、武器になるのかな。
那样的东西,真的可以当武器吗?

そう思ったら、狩人は、鳥に狙いをつけて、大きな音とともに倒してしまった。
这么想着,我就看到猎人瞄准了鸟,然后鸟就在巨大的声响中掉落下来。

わあ、すごい。面白い武器ね。それ、ちょっと、見せてよ。
哇啊,好厉害。真是有意思的武器诶。那个,稍微给我看看嘛。

私は、野うさぎなんかを出現させて、狩人を走らせる。
我安排了一只野兔子出现,诱使猎人追了上去。

狩人を食べて、少しだけ元気になる。起き上がって、狩人の武器をまじまじとながめる。銃っていうらしい。筒の先から細かい弾が飛び出して、獲物の身体を壊すのね。
ふうん。といって、黒猫に向けて構える。
吃掉猎人之后,稍微恢复了一点精神,我从床上坐起来,目不转睛地看着猎人的武器。
好像叫做枪。从长筒的前端飞出的小子弹,可以破坏猎物的身体。
嗯哼。然后,我朝着黑猫摆好架势。

黒猫は、わあっ、と飛びのいちゃって。
黑猫哇啊地大叫一声急忙躲开了。

くすくす。冗談よ。
呵呵。开玩笑啦。

ひとしきり笑ったあと、部屋がしいんと静まり返ったのを感じて、ふたたび私は、ベッドに沈んだ。
笑了一会儿后,我感觉房间又恢复了宁静,于是再次躺在床上。

この家は、動けない。胃袋に、人間の骨がたまっていて、お腹が重くて、動けない。
这个家无法移动。胃里堆满了人类的骸骨,肚子重得动弹不得。

私も同じ。全身に重りをつけられて、海の底に沈められたみたい。それなのに、この家はまだ食べたいみたいで、もっと、もっと、と言っている。しょうがないなあ。私は目を閉じて、魔力の光景を見る。
我也是一样的。全身被沉重附着,仿佛被拖入海底。即便如此,这个家好像还不知足,不停说着“还要、还要”。真是拿你没办法呐。我闭上眼睛,看着魔力展现的景象。


(TBC


啊啊啊啊艾莲。艾莲。你明明什么都没有做错。
小薇要来了。小薇要来了。呐、来做朋友吧?

最后编辑于:2014-11-21 11:50

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (3)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团