2014.11.29【日译中】世界で最も死ぬべき10人(32)

europeanut (花生米) 译人小成
11 8 1
发表于:2014-11-29 16:36 [只看楼主] [划词开启]

 3月30日 土曜日

   3月30日 星期六


   「ボス、大丈夫ですか?」

   マフィアの幹部サルゴが、ボスであるポール・レンツィに心配そうな目を向けた。ポールは落ち着き払った様子で、葉巻に火をつけて答えた。
 「何がだ?」
 「いえ、あの、最近よからぬ動きがあるみたいなので……」
   “老大,没事吧?”
   黑手党的干部萨鲁高,一脸担忧地看着老大保罗·岚提。老大冷静从容地点燃雪茄回道:
   “怎么了?”
   “没什么,就是,最近好像有些不利的行动……”

   サルゴは言葉に詰まった。ボスを心配する事が、どれだけ侮辱に当たる事かわかっていたからだ。そんなサルゴの頭を鷲掴みにして、頬を一度叩いた後、ポールは野太い声で言い放った。
   「くだらねえ気を回す前に、少しでも組織を大きくするために動け、考えろ。それがお前達の使命だ。わかったな?」


   萨鲁高讲不下去了。他知道担心老大是件多么侮辱人的事了。保罗一把抓住萨鲁高的脑袋,给了他一记耳光,粗着嗓子喊道:
   “有这份闲心,不如考虑下如何壮大组织,这才是你的使命,知道了吗?”


   「りょ、了解です、ボス」

   サルゴはふてぶてしく葉巻を吸うボスに背を向けると、振り返る事無く、急いで部屋を出て行った。
   “知、知道了,老大。”
   老大自顾自地抽着雪茄,萨鲁高不敢多看一眼,急忙转身走出房间。

 その姿を横目で確認すると、ポールは一度深呼吸をした。そして自分に気合を入れるように、拳を握り締め自分の頬を殴った。痛みが頬に広がり、ボスとしての覚悟が芽生える。

   斜眼看着萨鲁高离去的身影,保罗深深地吸了一口气,然后像是给自己鼓劲加油,握紧拳头朝自己脸上来了一拳。疼痛在脸颊上蔓延,作为老大的觉悟也萌发增长了。

最后编辑于:2014-11-29 16:39

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (8) 回复 反向排序

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团