2014.11.29【日译中】魔女の家第四章4-2

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
17 1 0
发表于:2014-11-29 20:06 [只看楼主] [划词开启]

魔女の家
~エレンの日記~
作者=ふみー
手打搬运 请勿随意转载


私は、思わず飛び起きた。
我不由跳了起来。

それから、思い出したように震え上がった。
然后像是想起了什么一般浑身打颤。

その震えは、恐怖からくるものじゃなかった。私は、自分が、彼女を傷つけようとしている事実に気づいて、がく然としていた。
那颤抖,并非是由恐惧产生的。而是我发现了自己想要伤害她这一事实,感到分外愕然。

私はベッドから下りた。
部屋を飛び出して、家を出る。
我爬下床,跑出了房间,跑出了家门。

雨は、小ぶりだったが、まだやんでいなかった。それでも、ぬかるんだ地面を踏みしめて、私は駆け出した。
雨虽小,但还未停。即使如此,我还是踩着泥泞的地面,跑了出去。

「ヴィオラ!?」
家の中で、猟銃を整備をしていたお父さんが、驚いて私を呼びとめた。でも、私は振り返らなかった。
“维奥拉!?”
正在家里做枪支保养的父亲惊讶地叫住我,但我没有回头。

雨に濡れながら、走る。走りながら、エレンと最初に会ったときの、彼女の言葉を思い出していた。
冒着雨奔跑。一边跑,一边想起第一次遇见艾莲时,她的话语。

怖くないの? と、エレンは聞いた。
“你不害怕吗?” 艾莲询问道。

それは、彼女が、自分の姿に恐れる人たちを見てきたから、出てきた言葉じゃないのだろうか。彼女は今まで、恐れられてきた。いろんな人に、遠ざけられてきた。そのたびに、彼女は失望してきた。そんな彼女に、私は、怖くないよと言った。彼女にとって、私は、唯一、差し伸べたれた手じゃなかったのだろうか。
那是因为她看到了畏惧她姿态的人们,才会说出口的话语吧。至今为止,她都被人所畏惧着。被各种各样的人疏远。每次都感到心灰意冷。对着那样的她,我说了不害怕。对她来说,我就是唯一的救赎吧。

ーー私は、ばかだ。
——我是个笨蛋。

いまさら、エレンが病気であることを恐れるなんて。
事到如今,才对艾莲生病一事感到害怕。

私は恥ずかしい気持ちと、エレンに謝りたい気持ちでいっぱいになって、唇を噛んだ。
その日は、どうやって彼女の家へ向かったのか、覚えてない。
我内心充满了羞耻感和对艾莲的歉意。我咬紧了嘴唇。
那天我到底是怎么向她家走去的呢?我已经记不得了。

走っているうちに、いつの間にか、赤い花と青い花の花畑にたどり着いていた。薔薇の庭に着くことには、雨はやんでいた。濡れた花びらは、雨上がりの陽射しを受けて、きらきらと光っていた。それはとても美しくて、昨日、この庭で感じたゆううつな雰囲気が、まるで嘘のように感じたれた。
走着走着,不知何时我已经来到了红蓝相间的花田。等我达到蔷薇庭院的时候,雨已经停了。湿润的花瓣沐浴着雨后的阳光,折射出熠熠光辉,十分美丽。让我觉得,昨天在庭院感受到的抑郁感,仿佛是幻觉一般。


(TBC


本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团