【读书笔记】窗边的小豆豆20141129

蓝昕洁 (蓝昕洁)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
大巫师
21 6 1
发表于:2014-11-30 11:44 [只看楼主] [划词开启]
新しい学校の門をくぐる前に、トットちゃんのママが、なぜ不安なのかを説明すると、其れはトットちゃんが、小学校一年なのにかかわらず、すでに学校を退学になったからだった。一年生で!!!
つい先週のことだった。ママはトットちゃんの担任の先生に呼ばれて、はっきり、こういわれた。「お宅のお嬢さんがいると、クラス中の迷惑になります。よその学校にお連れください!」若くて美しい女の先生は、ため息をつきながら、繰り返した。「本当に困ってるんです!」ママはびっくりした。(一体、どんなことを。。。クラス中の迷惑になる、どんなことを、あの子がするんだろうか。。。)先生は、カールしたまつ毛をパチパチさせ、パーマのかかった短い内巻の毛を手でなでながら説明に取り掛かった。「まず、授業中に、机のフタを、百ぺんくらい、開けたり閉めたりするんです。そこで私が、用事がないのに、開けたり閉めたりしてはいけませんと申しますと、お宅のお嬢さんは、ノートから、筆箱、教科書、全部を机の中にしまってしまって、一つ一つ取り出すんです。例えば、書き取りをするとしますね。するとお嬢さんは、まずフタを開けて、ノートを取り出した、と思うが早いか、パタン!とフタを閉めてしまいます。そして、すぐにまた開けて頭を中につっこんで筆箱から”ア”を書くための鉛筆を出すと、急いで閉めて、”ア”を書きます。ところが、うまく書けなかったり間違えたりしますね。そうすると、フタを開けて、また頭を突っ込んで、消しゴムをだし、閉めると、急いで消しゴムを使い、次に、すごい早さで開けて、消しゴムをしまって、フタを閉めてしまいます。で、すぐ、また開けるので見てますと、”ア”一つだけ書いて、道具を一つ一つ、全部しまうんです。鉛筆をしまい、閉めて、また開けてノートをしまい。。。というふうに。そして、次の”イ”の時に、また、ノートから始まって、鉛筆、消しゴム。。。その度に、私の目の前で、目まぐるしく、机のフタが開いたり閉まったり。私、目が回るんです。でも、一応、用事があるんですから、いけないとは申せませんけど。。。」先生のまつ毛が、その時を思い出したように、パチパチと早くなった。

翻译:
新学校的校门出现在她们面前,豆豆的妈妈为什么感到不安呢?这是因为,尽管豆豆还是个小学一年级的学生,却已经被学校退学了。仅仅是小学一年级学生!事情发生在上个星期,妈妈被豆豆的班主任老师叫去,听到老师很明确的说到,“有贵府的小姐在,整个班级都很麻烦。请您带她去别的学校吧。”年轻漂亮的女老师叹气着重复“真的很难办呀!”妈妈大吃一惊,心想:“究竟出了什么事情……这孩子都干了什么事情,让整个班级都很麻烦呢?”老师眨了眨弯弯的睫毛,一边用手抚弄向内卷的短发,一边解释道:“首先,在上课的途中,她总是把课桌盖开关上百次。因此,我告诉她,没有事情的话不要开开关关课桌盖。结果贵府的小姐把笔记本、笔盒、教科书全部放进桌子里,然后一个一个取出来。例如要停歇的时候,她先打开课桌盖,把笔记本拿出来,很快地把桌盖盖上。然后在打开桌盖,把头钻进去从笔盒里拿出写‘a’的铅笔,再急忙关上,再动手写‘a’。有的时候没有写好或者写错了,她又很快打开,把头钻进去,拿出橡皮擦,再关上,急忙用完橡皮擦,再很快打开,把橡皮放进去。克是,她又很快马上打开了……我一看,只写了一个‘a’,就把所有的文具一件件都收到桌子里去。先收铅笔,关上,再打开把笔记本放进去……就这样来回折腾。而且在写下一个‘i’的时候,有是从笔记本开始,铅笔、橡皮擦……每当这个时候,我的眼前就是开书桌、关书桌,让人眼花缭乱。可是她笔记是有事情的时候才这样做,我也不好说不行,但是…………”老师似乎又想起当时的事情,睫毛眨得很快。
最后编辑于:2016-05-01 21:33
分类: 学习

标签: 听说写译

全部回复 (6) 回复 反向排序

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 听说写译
  • 基础课程
  • 口语课程
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团