【读书笔记】-「キッチン(四)」ーyuki小寻(2014/11/30)

yuki小寻 (yuki小寻) 地狱见习巫师
32 7 3
发表于:2014-11-30 15:05 [只看楼主] [划词开启]



                    キッチン()

私はびっくりして目を見開いしてしまった。かなり歳は上そうだったが、その人は本当に美しかった。日常はちょっとありえない服装と濃い化粧で、私は彼女のおつとめが夜のものだとすぐに理解した。

「桜井みかげさんだよ。」

と雄一が私を紹介した。

彼女ははあはあ息をつきながら少しかすれた声で、

「初めまして。」と笑った。「雄一の母です。えり子と申します。」

 これが母?という驚き以上に私は目が離せなかった。肩までのさらさらの髪、切れ長の瞳の深い輝き、形のよい唇、ずっと高い鼻すじ――そして、その全体からかもしだされる生命力の揺れみたいな鮮やかな光――人間じゃないみたいだった。こんな人見たことない。

 私はぶしつけなまでにじろじろ見つめながら、

「初めまして。」

とほほえみ返すのがやっとだった。

「明日からよろしくね。」と彼女は私にやさしく言うと雄一に向き直り「ごめんね、雄一。全然抜けらんないのよ。トイレ行くって言ってダッシュしてきたのよ。今。朝なら時間とれるから、みかげさんには泊まってもらってね。」とせかせか言い、赤いドレスをひるがえして玄関に走っていった。

「じゃ、車で送ってやるよ。」

と雄一が言い、

「こめんなさい、私のために。」

と私は言った。

「いやー、まさかこんなに店が混むなんて思ってなかったのよ。こちらこそごめんなさいね、じゃ、朝ね!」

 高いヒールで彼女は駆けてゆき、雄一が、

「TVでも観て待ってて!」と言ってその後を追ってゆき、私はぽかんと残った。

――よくよく見れば確かに歳相応のしわとか、少し悪い歯並びとか、ちゃんと人間らしい部分を感じた。それでも彼女は圧倒的だった。もう一回会いたいと思わせた。心の中にあたたかい光が残像みたいにそっと輝いて、これが魅力っていうものなんだわ、と私は感じていた。初めて水っていうものがわかったヘレンみたいに、言葉が生きた姿で目の前に新鮮にはじけた。大げさなんじゃなくて、それほど驚いた出会いだったのだ。

車のキーをガチャガチャ鳴らしながら雄一は戻ってきた。

「十分しか抜けられないなら、電話いれればいいと思うんだよね。」

とたたきで靴を脱ぎながら彼は言った。

私はソファーにすわったまま、

「はあ。」

と言った。

「みかげさん、うちの母親にビビった?」

彼は言った。

「うん、だってあんまりきれいなんだもの。」

私は正直に告げた。

「だって。」雄一が笑いながら上がってきて、目の前の床に腰をおろして言った。「整形してるんだもの。」

「え。」私は平静を装って言った。「どうりで顔の作りが全然似てないと思ったわ。」

「しかもさあ、わかった?」本当におかしくてたまらなそうに彼は続けた。「あの人、男なんだよ。」

 今度は、そうはいかなかった。私は目を開いたまま無言で彼を見つめてしまった。まだまだ、冗談だって、という言葉をずっと待てると思った。あの細い指、しぐさ、身のこなしが?あの美しい面影を思い出して私は息をのんで待ったが、彼は嬉しそうにしているだけだった。

「だって。」私は口を開いた。「母親って、母親って言ってたじゃない!」

「だって、実際に君ならあれを父さんって呼べる?」

彼は落ち着いてそう言った。それは、本当にそう思えた。すごく納得のいく答えだ。

「えり子って、名前は?」

「うそ。本当は雄司っていうみたい。」

私は、本当に目の前が真っ白く見えるようだった。そして、話を聞く態勢にやっと入れたので、たずねた。

「じゃあ、あなたを産んだのは誰?」

「昔は、あの人も男だったんだよ。」彼は言った。「すごく若い頃ね。それで結婚していたんだよね。その相手の女性がぼくの本当の母親なんだ。」

「どんな……人だったのかしら。」

見当がつかなくて私は言った。

「ぼくもおぼえてないんだ。小さい頃に死んじゃってね。写真あるけど、見る?」

「うん。」

私がうなずくとかれは自分のカバンをすわったままずるずるたくり寄せて、札入れの中から古い写真を出して私に手渡した。

 なんともいえない顔の人だった。短い髪、小さな目鼻。奇妙な印象の、歳がよくわからない女性の……私が黙ったままでいると、

「すごく変な人でしょう。」

 と彼が言い、私は困って笑った。

「さっきのえり子さんはね、この写真の母の家に小さい頃、なにかの事情で引き取られて、ずっと一緒に育ったそうだ。男だった頃でも顔だちがよかったからかなりもてたらしいけど、なぜかこの変な顔の。」彼はほほえんで写真を見た。「お母さんにものすごく執着してねえ、恩を捨ててかけおちしたんだってさ。」

私はうなずいていた。

「この母が死んじゃった後、えり子さんは仕事を辞めて、まだ小さなぼくを抱えてなにをしようか考えて、女になることに決めたんだって。もう、誰も好きになりそうにないからってさ。女になる前すごい無口な人だったらしいよ。半端なことが嫌いだから、顔からなにからもうみんな手術しちゃってさ、残りの金でその筋の店をひとつ持ってさ、ぼくを育ててくれたんだ。女手ひとつでって言うの?これも。」

 彼は笑った。

「す、すごい生涯ね。」

私は言い、

「まだ生きるって。」

 と雄一が言った。

 信用できるのか、なにかまだひそんでいるのか、この人たちのことは聞け聞くほどよくわからなくなった。

 しかし、私は台所を信じた。それに、似ていないこの親子には共通点があった。笑った顔が神仏みたいに輝くのだ。私は、そこがとてもいいと思っていたのだ。

単語(单词语法等均整理自互联网

醸し出す 【かもしだす】 【kamosidasu】④◎ 【他五】 

酿成。引起。营造某种气氛。(ある気分や感じなどを作り出す。) 

  楽しい雰囲気を醸し出す。/酿造欢快的气氛。

不躾 【ぶしつけ】 【bushitsuke】◎②【名·形动】


(1)不礼貌,不懂礼貌,没规矩。不懂的礼仪礼法。(礼儀作法をわきまえていないこと。) 
  不躾に聞く。/冒冒失失地问。 
(2)突然,冷不防。(突然、だしぬけ。) 


  不躾な言い方。/突如其来的说法。

ダッシュ 【dasshu】 【英】 dash


(1)猛冲,突进。短跑;冲刺。(一気の力走。全力疾走。突進。) 
  スタート・ダッシュ。/起跑时的冲跑。 
(2)破折号。(句と句との間に挿入する「―」形の接続符号。ダーシ。) 


(3)撇儿;罗马字〔数字〕右肩上的“′”符号。(ローマ字などで右肩につける「′」の符号。)

せかせか 【sekaseka】 【副】

急急忙忙,慌慌张张。(動作・態度が忙しそうで落ち着きのないさま。) 

  中年の婦人がせかせかと店に入って行った。/一个中年妇女急急忙忙地进了商店。

駆け落ち  欠け落ち【かけおち】 【kakeochi】【名・自动・三类】


(1)私奔。(親から結婚の許しを得られない男女が,しめし合わせてひそかによそへ逃げ隠れること。) 
  駆け落ち結婚。/私奔结婚。 
(2)逃往他乡,出奔,失踪。(逃げて行方をくらますこと。戦国時代,農民が戦乱・重税などのために散発的あるいは組織的に離村・離郷すること。) 
  駆け落ちもの。/逃难者。


同:駆落ち

文法

そうだ N3

一)样态助动词「~そうだ」是主要表示视觉印象的(从外观来判断)的助动词,但是用「今にも~そうだ」的形式也可表示马上就要发生的状况。但是,即使是不能通过视觉来把握的动词,当表示含糊、暧昧的预感、直觉时,也可以用样态助动词「~そうだ」。比如

<看得见的事态>视觉印象。 あっ、危ない!枝が折れそうだ。 今にも雨が降り出しそうですねえ。 彼はうれしそうに笑っていた。 

このリンゴはあまりおいしくなさそうです。 

<看不见的事态>预感、直觉。 

まだ会議は始まりそうもないから、コーヒーでも飲んできましょう。 戦争はまだまだ続きそうですねえ。 ああ、寒い。風邪をひきそうだ。 この仕事は今日中に終わりそうです。 

2)不能对过去的事态进行推量。 

样态助动词「~そうだ」通常只能表示现在或者将来的事情。表示过去的事情必须用「~ようだ」或者「~らしい」。 × 昨夜、雨が降りそうだ。 

○ 昨夜、雨が降ったらしい。(外部情报)  

○ 昨夜、雨が降ったようだ。(眼前状况) 

(二)传闻助动词「~そうだ」 ●接续形式:普通体。 

传闻的「~そうだ」通常使用现在式,没有「~そうだった」(过去式)和「~そうではなかった」(否定形)的形式。不同于样态助动词「~そうだ」,它没有「~そうな·~そうに」这种活用形式。并且传闻的「~そうだ」接终止形,与样态助动词「~そうだ」的接续方法完全不同。 

 名词和na形容词da行加~そうだ 

动词形容词的普通体  ●用法: 

这是一种将从他人那里得到的话或者情报向对方传达的表现形式。情报资源通常用「~によると」或者「~では」来表示。比如: 天気予報によると、今日は雨が降るそうです。  

噂では、李さんと良子さんは近く結婚するそうですよ。 

あの人は、北京大学の学生だそうです。 昨日は暑かったそうです。 

昔、ここはとても不便だったそうです。

~ば~ほど N2


意味: (一方の程度が高くなると、もう一方の程度も高くなる。 随着一方程度的提高,另一方的程度也随之提高。越…越…) 
接続:动词/形容词ば形+动词/形容词原形+ほど 
形动なら/であれば+形动连体/である+ほど 
名词なら/であれば+名词である+ほど 
例: 
練習すればするほど上手になります。 越练习就会越进步。


 給料は高ければ高いほどいいです。 工资越高越好啊! 

慣用句

納得のいく

読み方:なっとくのいく
別表記:納得の行く

物事理解して同意できるさま、満足して心が満たされているさまなどを意味する表現
领会 同意 认可 理解 纳得がいかない 无法理解

女手ひとつで

(誤)夫を亡くした後、彼女は女手一人で三人の子供を育て上げた。

(コメント:「女の手」の数え方は「一つ」が普通であるから、「女手(おんなで)一つで」が正しい。「母親(女性)一人で」という言い方はあるが、「女手一人で」という言い方はない。)

参考翻译翻译摘自互联网~

                     厨房(四)

  我吃一惊,不禁睁大了眼睛。她虽说有些年纪了,可真是非常美丽。看她的穿着,并不是日常常见的服饰,又画着浓妆,我立刻明白了,她肯定是做夜晚生意的。   

    “这就是樱井美影。”雄一介绍说。   

    她呼呼喘着气,笑着说:“初次见面。我是雄一的母亲,叫惠理子。”声音略带沙哑。   

    这就是他的母亲?我惊讶至极,盯住了她。她有着一头柔顺的披肩长发,细长的双眸深邃且神采动人,嘴唇形状优美,鼻梁高挺——全身上下洋溢着慑人心魄的生命力的光辉——简直不像真人。我从没有见到过这样的人。   

    我就这样一直冒冒失失地目不转睛地盯着她看了半晌,才终于回过神,向她一笑,说:“请多关照。”   

    “以后请多关照。”她柔声对我说,接着又转向雄一,对他说,“不好意思,雄一,一点儿抽不出空来。我这是借口说上厕所才冲回来的。到早晨,才能有空,你让美影小姐今晚住下吧。”她急急忙忙说完,红裙飞扬朝门口跑去。   

    “我开车送你。”雄一说。   

    “对不起,为了我……”我说。   

    “哪里。没想到店里会这么忙。我才不好意思呢。那么早上见啦。”   

    她脚蹬高跟鞋,咚咚冲向门口。   

    “你看看电视等我一会儿。”说完,雄一也追了出去。一下子只留下了我一个人。   

    ——仔细观察的话,会发现她身上也有着常人的缺憾。比如脸上与年龄相称的皱纹,牙齿也有些参差不齐。但尽管如此,她还是魅力四射,使人想再次见到她。心中暖融融的光像残像悄然散发着光芒——这就是所谓的“魅力”吧。这个词是如此鲜活生动地展现在我的眼前,我就如同第一次切身感受到“水”一词含义的海伦。我一点也没有夸张,这次会面就是带给我如此大的震撼。

外面车钥匙叮叮当当响起来,雄一回来了。   

    “只能离开十分钟,打个电话不就行了。”他在水泥地上边脱鞋边说。   

    我依旧坐在沙发上,“哦”了一声。   

    “美影,你被我妈吓着了吧?”他又问。   

    “嗯。可她实在是太漂亮了。”我照直说。   

    “不过,”他笑着走进来,在我面前的地板上坐下,“她整过容呢。”   

    “哦,”我故作平静,“怪不得说脸型一点儿都不像呢。”   

    “还有,看出来了吗?”他一副当真好笑得不行的样子,继续说道,“那个人,是男的呢。”   

    这下,我无法继续装下去了。我张大眼睛无言注视着他,想等着他说出“没有的事,是开玩笑啦”。那么修长的手指、优雅的言行举止、美丽的容貌,怎么可能?我回想起那张美丽的面孔,屏气凝神地等待着,可他还是收不住笑意。   

    “可是,”我终于开口说,“可是,你不是叫他母亲吗?”   

    “不过,要是换成你,你能叫那种人父亲吗?”   

    他语气很平静。的确如此,这是一个令人完全可以认同的回答。   

    “惠理子?那名字呢?”   

    “假的,原来好像叫雄司。”   

    我眼前一片空白,好久才终于恢复平静,就问他:“那,是谁生下你的?”   

    “过去,他也是个真正的男人。”他说,“那还是在他很年轻的时候。他结过婚,和他结婚的那个女人是我真正的母亲。”   

    “她……是个什么样的人呢?”我毫无头绪地猜测着。   

    “我也记不清了。在我很小的时候,她就死了。有照片,要看吗?”   

    我点点头。   

    他坐在那里,探身拉过自己的皮包,从钱包里掏出一张旧照片递给我。   

    很难形容她的长相。短头发,鼻子眼睛都小小的,给人感觉很怪,看不出年龄……   

    看我默不做声,他说:“样子很怪吧?”   

    我不知如何回答,笑了笑。   

    “刚才那个惠理子,据说由于什么变故,从小就被这张照片上的我妈家里收养,他们俩一直在一起长大。还是男孩子的时候,他也是很帅,很讨女孩子喜欢。可是不知道怎么会喜欢上这副长相的我妈。”他微微笑着凝视着照片,“说是非她不娶,结果竟然不顾父母的养育之恩,一起私奔了呢。”   

    我点头倾听着。   

    “我妈死后,惠理子他把工作辞了,那时我还很小,他抱着我,想,今后怎么办呢?后来就决定说做个女的吧。说是,反正今后再也不会喜欢别的人了。在变性之前,他可是个沉默寡言的人呢。他讨厌做事半途而废,索性从头到脚都做了手术,然后用余下的钱开了家那方面的店,养活我。这是不是也可以算又当爹又当妈啊?”他笑起来。   

    “真、真是不寻常的一生啊。”我说。   

    “她说她活得很有劲儿。”   

    听着他们的故事,我越发迷惑,是否可以信赖他们,抑或是其中还有什么隐情?   

    不过,我信任厨房。而且,这两个并不相似的母子间有一个共同点,那就是同样有着神佛般灿烂的笑容。这一点,很合我心意。

感想

 今まで一番感動に溢れる部分だった。愛する妻が亡くなって、これから、もう、誰も好きになりそうにないからと言いながら自分から女になるなんて、すごい人と思わないのか。雄司さんが女になることにしたのは、全部自分のためかな、幼い子だから、やはり母がいないと悲しいという思いもあるのかな。そして、自分は父でありながら母の存在になるのじゃない。おそらくヒロインもちょっと迷ったじゃないの?ちょっと変わったなと感じて、すごいなと考えて、しかし、台所に信じた。酔ってる姿から人柄を見えるとよく言われるが、台所のセンスから人柄を見えるなんか初耳だ。人間とは不思議だよね。もちろん、最後、「笑った顔が神仏みたいに輝くのだ。私は、そこがとてもいいと思っていたのだ。」とヒロインが言ったが、笑顔とは、本当に人柄とか中身などと深く関わっていると思う。ヒロインとこの親子、これから、どんな話があるのかな?




最后编辑于:2016-05-01 21:33
分类: 学习

标签: 听说写译

全部回复 (7) 回复 反向排序

  • 3

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 听说写译
  • 基础课程
  • 口语课程
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团