2014.12.01【日译中】魔女の家第四章5-1

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
21 1 0
发表于:2014-12-01 07:06 [只看楼主] [划词开启]

魔女の家
~エレンの日記~
作者=ふみー
手打搬运 请勿随意转载


5
それから、夏の間中、ずっと。
自那之后,整个夏天我都一直遵守着我的诺言。

晴れている日は、エレンの家に遊びに行った。雨が降っている日は、窓から森の方角をぼんやりとながめた。
晴天就去艾莲家玩,下雨日就从窗户呆呆地看着森林的方向。

何度、足を運んでも、彼女を看病する人とは、まったく会うことがなかった。はち合わせすらしないのは、不思議なぐらいだった。私が来ると、隠れるのだろうか。彼女は、お医者さんのことについては、あまり好きではない様子だったので、気に留めることもなかった。
无论去了多少次,我都没有见到照料她的人。连一次偶遇都没有,简直到了让人觉得不可思议的地步。是看我一来,就躲起来了吗?但艾莲好像不太喜欢医生,我就没有特别留意。

私の知る限り、彼女の両親がたずねてきた様子はなかった。たずねてきてくれればきっと、彼女も喜ぶのに。
就我所知,艾莲的父母从来没有探望过她。如果来看她的话,她一定会很开心的吧。

私がいなければ、エレンは本当に一人だわ。
如果没有我,艾莲真的就是一个人了。

日を追うごとに、彼女への想いは強くなっていった。
我对她的担心,日渐加重。


最初に出会ったときよりも、エレンの身体は、よくなるどころか、悪化しているように見えた。最近では、起き上がることもできずに、寝たきりでいることが多い。あんなに美しく、大きく開かれていた瞳も、力なく伏し目がちだ。なんでも、視力も落ちてきているらしい。
她的身体比起刚见面那会儿,不仅没有好转,好像还不断恶化了。最近艾莲连起身都做不到,多半的时间都躺在床上。那样美丽的大眼睛也无力地低垂着。据说视力也在不断下降。

本から読めなくなってしまったら、いいえ、最悪、光すらなくなってしまったら、どうしよう。私が、遊びに来る前は平気だったのに。もしかして、私が遊びに来たせいなの?
おしゃべりとして、無理をさせて、悪化させてしまったんじゃないだろうか。
如果连书都看不了了,不,如果糟糕到连光都感应不到的话,该怎么办呢?明明在我来玩之前是没事的。难道是因为我来玩,才会这样的吗?因为我一直和她说话,勉强她,才让她的身体恶化的吗?

「絶対、そんなことないよ」
エレンは言った。
“完全不是这样的哦”
艾莲说道。

「だから、遊びに来ないなんて言わないで」
彼女は泣きそうな声で言った。
“所以,不要说什么不来了”
声音带着哭腔。


(TBC


最后编辑于:2014-12-01 07:07

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团