2014.12.02【日译中】魔女の家第四章5-2

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
26 1 0
发表于:2014-12-02 07:06 [只看楼主] [划词开启]

魔女の家
~エレンの日記~
作者=ふみー
手打搬运 请勿随意转载


私は驚いたように少しだけ目を見開いた。それから、彼女を安心させるために優しい声でささやいた。
我有些惊讶的睁大了眼睛。然后,为了安慰艾莲,用温柔的声音低语道:

「言わないわ」
“我不会说的”

私の言葉に、とびきり安心したようにエレンは微笑んだ。
仿佛从我的话语中获得了极大的安心一般,艾莲微笑了。

その笑顔に、心を痛める。
那个微笑,让我感到心痛。

泣き叫んでもいいのに。わめいてもいいのに。
明明可以嚎啕大哭。明明可以放声叫唤。

気丈にも、この小さな女の子はいつも、私に向かって微笑んでいる。病気の痛みに耐えている。
这个小小的女孩子总是如此坚强的对我微笑,忍耐着病痛。

彼女の目じりに、膿なのか血なのかわからないものが浮かんでいる。私は、持っていたハンカチでそれをぬぐってあげながら、泣きたくなった。
她的眼角浮着不知是脓还是血的东西。我一边用带在身上的手帕帮她擦拭,一边想要哭泣。

これ以上、エレンから何を奪うっていうの。エレンから、光すら奪ってしまうの。
还能从艾莲身上夺走什么东西呢?连她的光明也要剥夺吗?

私は、彼女の病気を、心底憎んだ。同時に、自分ではどうしようもないことだとーー打ち勝つことのできない相手だと思って、脱力した。その喪失感は、静かな悲しみを呼んだ。胸の奥から切なさがこみあげてきて、喉の奥までやってきたそれは、言葉となって、身体の外に押し出された。
我从心底痛恨着她的疾病。同时,无能为力的自己又觉得那是无法战胜的对手,浑身无力。这种丧失感,就是所谓的无声的悲伤吧。胸口涌起的苦闷,冲破喉咙,化作语言,挤出身外。

「私が代わってあげられたらいいのに」
“如果我能代替你就好了”

ぽつりと、私は、独り言のようにつぶやいていた。
我自言自语般的喃喃低语了一句。

口から出た言葉は、空気を通って、ふたたび私の耳に入る。
出口的话语通过空气,再度传入我的耳中。

ーーそう。私が、エレンと代わってあげられたらいい。
——是的。我能和艾莲交换身体就好了。

私の代わりに外に出て、遊んできてくれたらいい。陽射しの下で、花に囲まれて、自由に駆け回るの。その間、私がベッドの上で微笑んで、眠っていればいいの。
代替我出去,玩耍。在阳光下,在花丛中,自由地到处奔跑。那个时候,我在床上微笑着入睡就好。


(TBC


本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团