2014.12.03【日译中】大阪学(一)

我是小怪兽2 (喜欢西红柿的番茄) 译往情深
31 3 0
发表于:2014-12-03 12:31 [只看楼主] [划词开启]

  店内でも、とにかく時間がない

店に入ってみよう。以下は女子学生たちの観察である。一人は大阪のど真ん中の店でアルバイトをしているが、よく道を尋ねる人がやってくる。大阪弁丸出しの、とくに中年の男女は「姉ちゃん、○○はどうやって行くねん」と突然に大声で尋ねる。教えていくと最後まで聞かずに、例も言わずにトットと行ってしまう。遠くから旅行者は、言葉は標準語その他いろいろだが、「すいません」と言いながら入って来て、こちらの答えを最後まできっちりと聞き、「ありがとう」と礼も行っていく。大阪人の特徴は、とにかく時間がないのか、ひどく急いでいる。話かけ方はいきなりその辺の顔見知りのようである。

进店里看看。下面是女大学生们的观察。有个人在大阪市中心的饿一个店里打工,经常有人进来问路。特别是操一口纯正的大阪腔的中年男女会突然大声地询问,“小姐,00地方怎么走啊?”。一告诉他,也不听完,谢谢也不说就直接走掉了。远道而来的旅游的人说着标准的日本话或者其他方言,走进来时还不停地说着“不好意思”,(问路之后)一直认真听完别人的回答,说完”谢谢“才离开。大阪人的特征就是,反正我是没时间了,非常急。搭讪的方式就像突然跟这边的人很熟一样。


一人はコンビニエンスストアでアルバイトをしている。客によく「おねえちゃん、○○はどこにあるの?」と商品の所在を聞かれる。すぐ手が話せないので「少々お待ちください」というと、「ええわ、自分で探すわ」と行ってしまう。もう一人はコンビニエンスストアで働いている。「姉ちゃん、ちょっと負けて」とよく言われて困ってしまう。商品はバーコードで精算するが、ドサッと商品を台に置いた瞬間、「幾らや」と聞かれることが度々ある。精算が待てなくて、全くせわしない。

有个人在便利店打工。她经常被客人问商品的放置位置,”小姐,00在哪里啊?“、因为正忙着就说”稍微等一下“,结果客人就说”算了,我自己找吧“,说着就走了。还有一个人在便利店打工。(她的经历是)经常被客人请求“小姐,便宜点吧!”,为此感到很为难。结账时商品是用扫码器扫,然后进行计算的,经常有客人刚把商品倒在台子上就问“多少钱呀?”都不等别人算账,真是太性急了。


大衆食堂でようく見かける光景がある。先の人が食事を終わると、まだテーブルの上が散らかっていてもお構いなしに、次の人が一目散に席につく。自分たちで皿やコップを隅に片付けて使用後のおしぼりでテーブルの上をふき、ウェトレスを待ち構える。来ないと、大声で呼ぶ。東京で入り口に列を作り、テーブルがちゃんと片付けないと、座らない。ウェトレスも片付けないと客を座らせない。

下面的情境是在公共食堂很常见的场景。前面的人刚吃完就有人毫不介意桌子乱七八糟的样子就飞快地坐下来。他们自己把盘子碟子收拾到桌子一角,用抹布擦一下桌子,然后坐等服务员。服务员不来的话,就大声叫服务员。而在东京,则是客人们在门口排好队,如果桌子没有收拾完是绝对不会坐下的。当然服务员如果没有收拾好也不会让客人就坐的。


分类: 日语
全部回复 (3)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团