【翻译小分队】乙一《きみにしか聞こえない》3 Mika 2014年12月3日

兰汐羽兮 (神谷みか/みかの消失) ☺☺
41 9 0
发表于:2014-12-03 19:12 [只看楼主] [划词开启]

     「その髪形、いいね」 

      那个发型,很好呢。

   小学生の時、髪を短くしたわたしに向かって、ある女の子が言った。嬉しくて、とても幸福な気持ちになった。それから二年間、同じ髪形を選んだ。 ,

     小学的时候,有一个女孩说我很适合留短发,(那时的我内心感到非常开心和幸福。那之后的两年间,我一直留着同样的发型。
    しかし彼女の言葉が空虚(くうきょ)なお世辞にすぎなかったのだと気付いたのは、中学生になってからのことだ。学校の廊下を歩いていると、数人の友達を引き連れた彼女にすれちがった。一瞬、わたしの顔を見て、彼女は友達に耳打ちした。 

      而意识到她的话不过是无意义的场面话,已经是成为中学生时以后的事了。(是我刚上初中的时候走在学校的走廊里,我和带着几个朋友的她擦肩而过。看到我的那一瞬间,她悄悄的凑到朋友耳朵下说道。

   「あの子、少し前からあの髪形なんだけど、似合ってないよね」 

     那个人,从以前开始就不适合短发呢(虽说从以前开始就是短发,可是不适合她呢)。”
   聞きたくなかったのに、聞こえてしまった。舞い上がっていた自分がばかみたいだ。そういった経験が数多く積み重なり、わたしはだれかと話をする時、ひどく緊張するようになった。 

      明明不想听到,却还是听到了。曾经为此感到开心的我看起来像个傻瓜。这样的事情经历的次数多了,无论我和谁说话时,都十分紧张。 

    春にこの高校へ入学してからというもの、だれとも親しくなることができないでいた。結局、教室の中で特異な存在となってしまい、だれもが腫(は)れ物を触るようにわたしを取り扱(あつか)った。教室の中にいながら、自分だけ外にいる感じ。 
      在春天开学进入这个高中以来。我没有和任何人变得熟络(无法亲近任何人)。结果,成了教室里的一个异常的存在。(其实有想翻成“奇葩”的,但是感觉不太好,特别是用在这么纯情的女主身上)对谁都小心翼翼的。虽然在教室里,却感觉自己一个人在外面。

                                                                           

                                                                               上一节   目录   上一节

最后编辑于:2014-12-19 16:44
分类: 小组学习
全部回复 (9) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 朗读
  • 听和写
  • 单词
  • 翻译
  • 综合
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团