2014.12.03【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第一章 影子(1)(22句)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
41 10 1
发表于:2014-12-03 23:08 [只看楼主] [划词开启]

第一章 『影』

第一章  “影子”


チャットルーム(休日・夕刻)

聊天室(周末·傍晚)



《だからね、今池袋は『ダラーズ』ってチームが凄いんだって!》

甘乐:所以说啊,据说现在在池袋有一个很厉害的帮派叫“dollars”哦!


[私は見た事ないんですよね、『ダラーズ』って、噂は凄い聞くんだけど]

塞顿:什么“dollars”我见都没见过,虽然听人吹的很厉害。


《地下に潜ってるっぽいですからねー! でも、ネットとかでも凄い噂になってますよ?》

甘乐:貌似是一个地下组织哦~!但是啊,在网络上似乎也传的很厉害的样子哦?


【そうなんですかー、甘楽さん、池袋に詳しいんですね】

田中太郎:真的吗?甘乐桑,你对池袋了解的真不少。


《それほどでもないですよう!》

甘乐:还没到那种程度啦~!


《あ、じゃあじゃあじゃあ、黒いバイクの話って知ってます?》

甘乐:啊,对了对了,你们知道“黑机车”的梗吗?


【黒いバイク?】

田中太郎:黑机车?


[あー]

塞顿:啊。。。


《最近新宿とか池袋で話題の奴。昨日ニュースにも出てたよー》

甘乐:他是最近新宿池袋地区的话题人物哦,昨天还上了新闻呢!


♂♀


★東京都・文京区某所(平日・深夜)

★东京都·文京区某地(工作日·深夜)



「こ……の……化物めぇぇぇぇあああッ!」

“你……这个……怪物!!!”


歪んだ怒声と共に、男は鉄パイプを振り上げ——一目散に逃げ出した

伴随着扭曲的怒吼声,男人高高挥起了钢管——然后一溜烟儿地逃走了。



深夜の立体駐車場を、青年が走る。その右手に、人肌にまで温まった鉄の感触を握り締めながら。だが、次第にその感触すらも冷や汗に濡れて不確かなものとなっていく。

深更半夜,一个青年在立体式停车场中奔跑。他一边跑一边用右手紧紧握着连皮肤也能烫热的铁的感觉。然而,紧接着就连这个感觉也被冷汗浸湿而变得捉摸不定了起来。


周囲には人影も無く、持ち主を待ち続ける乗用車がまばらに停まっているだけだ。

周围一个人影也没有,只有一辆等待着车主的小汽车还孤零零地停在那里。


青年の周りからは音が綺麗に消え去っており、彼の耳には己の足音と荒い息遣い、そして徐徐に高鳴っていく心音だけが渦巻き続ける。

外界的声音从青年的周围消失得干干净净,他耳中只有自己的脚步声、喘气声以及自己越来越大声的心跳声不停搅动。


武骨なコンクリートの柱の間を駆け抜けながら、チンピラ風の青年は叫ぶように呟いた。「……く……くくッくッ糞ッ! 糞ッ! 糞ッ! やや、や、やってられっかよ畜生!」

小混混模样的青年一边跑过一根根粗糙的水泥柱,一边大叫着发牢骚:“……可……可,可,可恶!可恶!可恶!我,我我才不会被你抓到呢!混蛋!”


青年の目に浮かぶ光は怒りの色を放ち、それでも彼の口からは怯えの吐息が振り絞られる

青年从眸光中迸发出愤怒之色,即便如此,从他的口中还是传来了惊恐地急促喘息的声音。


その瞬間までは、対峙する者に畏怖を与える為に刻み込んでいた首筋の刺青。それが今や、チンピラ自身の恐怖によって歪んでしまっている。そして、元々大した信念も無く入れたその青紫の紋様に——漆黒のブーツが叩き込まれた。

直到这一瞬间,小混混为了让与他对峙的人感到畏惧而刺在脖子上的刺青,现在正因为他自己的恐惧而显得扭曲。而且,在自己原本就没怀着什么信念所刺的青紫色图案之上,如今正有一只漆黑的皮靴用力踩在上面。

 

♂♀


上一页    下一页

最后编辑于:2014-12-03 23:16

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (10) 回复 反向排序

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团