2014.12.04【日译中】魔女の家第四章5-4

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
16 1 0
发表于:2014-12-04 07:15 [只看楼主] [划词开启]

魔女の家
~エレンの日記~
作者=ふみー
手打搬运 请勿随意转载


彼女は、遠くのほうをぼんやりと見つめて、うわごとのように言った。
「私なんかと友達となってくれて、夢みたい」
艾莲眼神飘忽地盯着远方,呓语一般地说道:
“像我这样的人竟然有了朋友,简直像做梦”

そう言って、ゆっくりとまばたきをした。その拍子に、彼女の瞳から大きな涙のつぶがこぼれて、顔に巻かれた包帯に染みこんで消えた。
说着,慢慢地眨着眼睛。每眨一下,大颗的眼泪就从艾莲的眼睛里落了下来,渗进包在脸上的绷带里消失了。

その光景に、胸がきゅうっとつかまれる思いがした。彼女の手を握り、こちらを振り向かせる。
看到这幅情景,我感觉胸口被紧紧揪住了。我握住艾莲的手,让她转向我。

「私なんか、って言わないで。エレンちゃんは病気だけど、それだけじゃない。それだけで、他の子と何も変わらないよ」
“不要说什么‘像我这样的人’。虽然艾莲生病了,但不仅如此。仅仅是生病的话,和其他孩子没有什么区别的”

「……ヴィオラちゃん」
“……小薇”

私は眉を寄せて、吐き出すように言った。
「だから、私なんかて、言わないで。私だって、エレンちゃんが友達になってくれて、嬉しいんだから。きっと、そのうち、病気も良くなる。歩けるようになって、お外に出られる日も来るんだから」
我皱紧眉头,像发泄一般说道:
“所以不要说什么‘像我这样的人’。艾莲能成为我的朋友,我也是很高兴的。病肯定很快就会好转的。总有一天艾莲能够行走,能到外面去的”

エレンは、私の言葉を一言一言確かめるように聞いていた。それから、首を横にふった。それは、本当にかすかな動作だった。
艾莲像是在确认我的一字一句般,仔细听着我的话语。然后摇了摇头。那是个非常细微的动作。

「だめだよ」
“不行的哦”

「どうして?」
“为什么?”

「だって私、もうすぐ死ぬもの」
“因为,我很快就要死了”

その言葉に、急にお腹の底が冷えていくのを感じた。
这句话然我一下子冷到了心底。

死ぬ? エレンが? 死ぬ。死ぬって、いなくなっちゃうってこと? 違う。動かなくなるってことだ。
死? 艾莲? 死。死,是指消失吗? 不是。是再也不会动了。

彼女の手を握る手が震える。
握着她的手颤抖着。

動悸がはやくなる。喉がからからになって、うまく言葉がつむげない。
心跳不断加快。喉咙发干。无法组织语言。

「……なんで、そんなこと……」
“……为什么,会这样……”


(TBC


本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团