2014.12.04【日译中】水車館の殺人-プロローグ -008

ziyansh2 (紫焱(シエン)) 译犹未尽
11 1 0
发表于:2014-12-04 11:48 [只看楼主] [划词开启]

水車館の殺人           綾辻行人

プロローグ   (一九八五年       九月二十九日       午前五時五十分)


008

へたりこんでいた赤ら顔の男が、ようやく身を立ち直して、

「藤沼さん、この中には、じゃあ……」

瘫坐在地的红脸男人总算站了起来,

“藤沼,这里面……”

 

車椅子の男は曖昧に首を振った。

「開けてみてくれますか」

轮椅上的男人暧昧地摇了摇头。

“打开看看么?”

 

「いや、そ、それは」

男は尻込みするように、だぶついた頬の肉を震わせた。その有様に軽く肩をすくめ、色白の男が代わって火掻き棒を取り上げた。

“不,那,那个……”

男人一副胆怯的样子,脸上的肥肉也颤抖着。看到这幅光景,皮肤白皙的男人耸了耸肩,代替红脸男人把火铲子捡了起来。

 

「僕が開けましょう」

そう云って、彼は焼却炉の前に立った。

“我来吧。”

说完,他站到了焚烧炉前。

 

中型の家庭用焼却炉である。ブロックで組まれた土台の上に、薄汚れた銀色の胴体が載っている。男の目の高さあたりから生えた同じ色の煙突は、まっすぐ地下室の天井に潜り込んで外へと延びている。

那是中型的家庭用焚烧炉。染尘的银色主体建在水泥浇筑的地基上。与焚烧炉同色的烟囱从男人视线的高度向上延伸着,就这样直直的钻入了地下室的天花板,并伸出塔外。

 

今――。

その鉄の箱の中からは、低い炎の唸りが聞こえていた。夜明けのこんな時間にごみを燃やす者など、むろんいようはずもない。なのに……。

现在,铁质的箱子里,火焰正轻浅地低吟。在黎明时分处理可燃垃圾什么的,当然是不应发生的事。然而为何……

最后编辑于:2014-12-08 10:07

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团