2014.12.05【日译中】魔女の家第四章5-5

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
11 1 0
发表于:2014-12-05 07:10 [只看楼主] [划词开启]

魔女の家
~エレンの日記~
作者=ふみー
手打搬运 请勿随意转载


私の様子とは反対に、彼女は落ち着いていた。
与我截然相反,艾莲一副很冷静的样子。

「お医者さんがね、言ったの。私、もうすぐ。死ぬんだって。私に、わかるように言ったの。それもね、嬉しそうに。なんで、そんなに嬉しそうなんだろうって思った。けど、わかってるんだ。私。……だって、私が死んだら、もう、お医者さん、私の面倒見なくて済むんだからね。嫌な顔して、私の包帯を取り替えることもないし、私の……、いろんな世話、することもないんだからね」
“医生他已经说了。我很快,就会死去。明明白白地和我说了。看上去很高兴的样子。为什么会那么高兴呢?虽然这么疑惑,但我心理还是很清楚的。……因为,我死掉的话,医生就不用再照顾我了呢。不用再一脸嫌弃地给我替换绷带,也不用……照料我了”

彼女の言葉には、何の感情もこめられていなかった。
她的话语中没有包含任何的感情。

私は、首を左右に振りながら、信じられない気持ちでエレンを見た。病気の子どもに、心無い言葉を投げかける医者に対する憤りと、それらを受け止めて、あきらめた表情を浮かべる彼女に対するいたたまれなさで、いっぱいになった。
我一边摇着头,一边毫无底气的看着艾莲。医生竟然对一个生病的孩子喷出如此无情的话语。看到抑制住对医生的气愤、一脸死心的艾莲,我感到如坐针毡。

彼女は続けた。
艾莲继续说道:

「……お父さんもね、お母さんもね、私なんかいなくなればいいって思ってるんだ。だから、私が死んだら嬉しいんだよ」
“……父亲也好,母亲也好,都想着我快点消失就好了。所以,我死了,他们会很开心的”

「何言ってるのよ」
“你在说什么呀”

私は悲鳴に近い声をあげた。彼女はひっくりして、こちらを見た。その顔に、私も気まずくなってしまって、反射的にうつむいた。でも、気を取り直すように顔をあげて、唇を噛んだ。
我的声音几近悲鸣。艾莲吓了一跳,看向我。一看到那张脸,我便觉得有些难为情,反射性地低下了头。但是,我还是努力重振精神抬起脸,咬紧了嘴唇。

「そんなこと、ないわ。死ぬのが嬉しいなんて……あるわけないじゃない。エレンちゃんのお父さんもお母さんも、私も、よく、知らないけれど……、自分の子どもが死んで、嬉しいことなんて、あるわけないじゃない。……死んでほしくないから、生きていて欲しいから……、だから、ここで、病気を治そうとしてるんじゃない。ここで、元気になれるように、家を用意してくれてるんじゃない」
“才没有这种事情呢。艾莲死去会高兴什么的……怎么可能呢?虽然艾莲的父亲和母亲我都不太了解……但是自己的孩子死去而觉得高兴什么的,怎么可能有这样的事呢?……正因为不想让你死掉,想让你活下去,才在这里帮你治病的不是吗?为了让你恢复健康,才在这里准备了这栋房子的不是吗?”


(TBC


本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团