2014.12.05【日语盒饭】日本文化一·箩·筐 之 吃货文化——寿司 (中)

生田妹 (生田) 译心传心
56 11 2
发表于:2014-12-05 17:44 [只看楼主] [划词开启]
寿司

寿司




选材来源:寿司
翻译:生田妹
仅供个人学习交流使用
转载请保留以上信息

================♡================

江戸から広まったにぎり寿司

       从江户发展起来的手握寿司



寿司は紀元前4世紀頃の東南アジアで誕生しました。
寿司诞生于公元前4世纪左右的东南亚。

日本へ寿司が伝わったのは平安時代の頃です。
寿司传入日本是在平安时代。

この頃のすしは「なれずし」と呼ばれ、

甘酢で味付けした米飯に開いた生魚を載せて一晩寝かせたもので、

今の寿司とは随分イメージの違うものでした。
那个时候的寿司被称为“酸饭团寿司”,

因为做法是把切好的生鱼放在沾了甜醋的米饭上发酵一晚上,

所以那时寿司是与现在寿司完全不同印象的食物。


まだ冷凍技術のなかった時代なので、人々は保存食として寿司を食べていたようです。
由于那个时代还没有冷冻技术,所以人们似乎是把寿司当作干货来吃的。


現在でも近江地方に伝わる鮒〔ふな〕ずし、ハタハタの漬け込みずし、

サバのイズシなど、当時に近い寿司が受け継がれています。
近江地区到现在还保留着的鲋寿司、腌雷鱼寿司、

鲭鱼的饭寿司等等,都是承继着与当时做法,与之相近的寿司。

にぎり寿司として食べるようになったのは、江戸時代末期(19世紀初め頃)の事です。

この当時江戸中で屋台が大流行し、その屋台から「にぎり寿司」が登場しました。
寿司演变成手握寿司的形态,大约是在江户时代末期(19世纪初左右)。

当时的江户特别流行摆摊子,手握寿司就是借着摊子出现在了人们生活中。

このにぎり寿司は、東京湾すなわち江戸の前(江戸前)でとれる魚介・海苔を使うことから

「江戸前寿司」と呼ばれるようになりました。
因为这种手握寿司的使用食材是在东京湾,也就是江户之前(江户前)获取的鱼类・海苔,

所以后来被人们称为江户前寿司。


この当時のにぎり寿司はテニスボール位の大きさであったと言われています。
据说这个时候的手握寿司的个头大概有网球那么大。

また「なれずし」とは違い、

すぐに食べられる事から「はやずし」とも呼ばれ、

江戸中で流行しました。
而且,手握寿司和 酸饭团寿司有区别的,

因为它可以直接吃,所以也被称作 速食寿司,

在整个江户大为流行。



その後、1923年の関東大震災に被災した東京の寿司職人達が故郷に帰り、

日本全国ににぎり寿司が広まっていきました。
之后,遭受1923年的关东大地震灾害的东京寿司料理人们都回到故乡,

手握寿司也跟着走向了全日本。


-12句-


最后编辑于:2014-12-25 18:36

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (11) 回复 反向排序

  • 2

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团