2014.12.06【日译中】魔女の家第四章5-6

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
16 1 0
发表于:2014-12-06 13:11 [只看楼主] [划词开启]

魔女の家
~エレンの日記~
作者=ふみー
手打搬运 请勿随意转载


私は、彼女の表情が少しでも変わればいいと望みを持って、彼女の顔を見た。でも、彼女は小さく笑って。ああ。なんだろう。それは、もう、すべてをあきらめているかのような顔だった。彼女は私を見ているのに、私をする抜けて、どこか遠くを見ているようだった。
她的表情,哪怕是改变一点点也好。我抱着一丝期望,看着艾莲的脸庞。但是,她微微笑了一下。啊啊。为什么呢?那仿佛是放弃了一切的表情。明明艾莲正看着我,但好像是透过我看着目标不明的远方。

「だって、お父さんも、お母さんも、会いに来ないんだよ? 私が、病気だから、来てくれないんだ。私のこと、見てくれないの。私のこと、捨てようとしてるの。……私のために、この家に寝かせてるんじゃないだよ。私のこと……、ここに」
“因为,父亲也好,母亲也好,谁都不来看我呀。 因为我生病了,所以才不来的。从来不看我一眼。都想要把我扔掉。……才不是为我好而让我睡在这个房子里面。把我……,在这里”

言いながら苦しくなってきたのか、彼女は、こらえるようにつばを飲みこんでから、続けた。
大概是说着说着变得非常痛苦,艾莲克制一般地咽下了唾液,接着说道:

「隠してるんだよ」
“把我藏在这里”

低い声だった。
低沉的声音。

隠してる。
藏在这里。

その言葉にいは、いろんな意味がふくまれているような気がした。
我感觉这句话中蕴含着各种深意。

「だって……、ね。ここに住んでる村の大人の人も、みんな、私のこと知ってるんだよ。でも、知らないふりして、私を、森の中に隠してるの」
“因为……,那个。在这里居住的村里的大人们,大家都知道我的存在哦。但是,都装作不知道的样子,把我藏在森林中。”

みんな、エレンを知ってる?
大家知道艾莲的存在?

思いがけない話に、私の胸はざわめきたった。
意想不到的话语让我的内心骚动起来。

「……ヴィオラちゃんも、私のこと、知らなかったでしょ?」
“……小薇之前也不知道我吧?”

そのとおりだった。
确实如此。

私の口は、殴りつけられでもしたかのように、閉じてしまった。
我的嘴巴仿佛被人殴打了一般,紧闭着。

森の奥に家があるなんて、聞いたこともなかった。
森林里有房子什么的,听都没听过。

ちょっと待って。お父さんの声がよみがえる。森の奥に近づいてはいけないって、いつも、私に言っていた。あれは、この子を隠すためだったの?
等等。父亲的声音在脑中复苏。“不要接近森林深处”,他一直对我说。那是为了把这个孩子隐藏起来吗?


(TBC


本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团