2014.12.07【日译中】魔女の家第四章5-7

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
27 1 1
发表于:2014-12-07 08:04 [只看楼主] [划词开启]

魔女の家
~エレンの日記~
作者=ふみー
手打搬运 请勿随意转载


ざわっと、耳鳴りがした。
我听到嗡嗡的耳鸣声。

ーーわずらわしい病気の子ども。かといって、見捨てることもできない。だから、人の目に触れないように、森の奥に隔離する。村の大人たちは、お金をもらって、口裏を合わせる。そんな、大人の都合のいい考えがなぞれるような気がした。
——令人烦心的病孩子。虽说如此,但也不能抛弃她。于是就避人耳目地把她隔离在森林深处。村里的大人们收了钱,统一了口径。我脑中如此描绘出大人们利己的想法。

じゃあ、お父さんも、おのうちの一人なの?
那么,父亲也是其中一员吗?

胸全体にじわじわと、いやな気持ちが広がっていくようだった。
不悦感一点点扩散至整个胸口。

そんな私の気持ちを察したのか、彼女は私の様子をうかがうように、うわめづかいで言った。
大概是察觉到了我的心情,艾莲向上翻着眼珠窥视着我的样子说道:

「……ヴィオラちゃんのお父さんも、悪くないよ。だって、私、こんな病気だもん。みんな、怖いよ。うつるかもしれないって思う。……私だって、こんな子いたら、一緒にいたくない。近くに、置いておきたくない。……隠しておきたいって思うよ」
“……小薇的父亲也没什么错哦。因为,我病成这样。大家都很害怕的。担心会不会传染什么的。……我自己也是,如果有这样的孩子在的话,也不想和她呆在一起。不想和她接近。……想要把她藏起来”

「そんなこと、言わないで」
“不要说这种话”

私は、懇願するように言って、彼女の手を握る力を強めた。
我恳求一般地说着,用力地握紧了她的手。

それは、彼女がふびんだと思って言ったんじゃなかった。
这句话并非是出自对她的怜悯。

それ以上、聞きたくなかったんだ。お父さんが、村の大人たちと一緒に、彼女を隠しているかもしれないってことを。でも、私はそのことに気がついていなかった。
而是因为,我不想再听下去了。父亲可能和村里的大人们联合在一起,把艾莲藏起来。我却一直都没有注意到这件事。

私は、混乱していた。
我感到非常混乱。

でも、その一方で、エレンは落ち着きはらっていた。
但与我相对,艾莲却极为冷静。

彼女は、私が思っていたよりも、いろいろ考えていたんだ。長い間、一人で暮らしていれば、幼くても、見えてくるものがあったんだろう。彼女は、彼女なりに、ここでの暮らしを受け止めていたんだ。
她比我所认为的想得更多。如果长时间一个人生活的话,即使年幼也能看清很多东西吧。对于此处的生活,艾莲也有自己的理解。


(TBC


本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团