2015.01.27【日译中】「流星の絆」第二章7(33句)

兰汐羽兮 (神谷みか/みかの消失) 译心传心
71 19 0
发表于:2015-01-27 12:14 [只看楼主] [划词开启]

   ある時、功一がそれを盗み読みしていると、突然幸博が部屋も入ってきて、彼の頬を叩いた。

   有一次,功一偷看菜谱的时候,幸博突然进来了,敲着功一的脸颊说道.

 

  「後は継ぐ気があるなら料理は俺が仕込んでやる。コソコソと泥棒みたいな真似をすうるな」

  “你要是想继承的话我会教你的.别偷偷摸摸的像个小偷似的.”

 

  功一は歯をくいしばり、泣きだしそうになるのを堪えた。すると幸博は、なぜ盗み読みしたのか訊いてきた。

 功一拼命忍耐,似乎马上就要哭出来.于是幸博问他为什么要偷看.

 

  誰でも作るっていわれたから、と功一は答えた。

因为谁都可以做出来.功一回答道.

 

  「誰でも作る?どういうことだ」

“谁都可以做出来。怎么回事”

 

  「昨日学校で、作り方がわかればどんなにおいしい料理だって誰にでも作れるって……」

    “昨天在学校,有人说无论怎样好吃的料理只要知道做法谁都可以做出来”

  「誰にいわれた?」

“谁说的”

(最近的口头禅_(:з)∠)_)

 

  「友達だけど」

“一个朋友”

 

  「それで、作ろうと思ったのか」

“他认为这样就可以做出来啊”

 

  功一は頷いた。

   功一点点头.

 

  「どこで?」

     “在哪”

 

  「友達の家で」

    “他家里”

 

  「何を作る気だった」

     “他想要做什么料理”

 

  「……ハヤシライス」

“……牛肉丁盖浇饭”

 

  幸博は舌打ちをした。くだらないことを考えやがって、と吐き捨てた。

   幸博咂咂嘴。叹口气道,想些什么无聊的事啊

 

  だがしばらくすると彼は立ち上がり、ちょっと来い、と功一にいった。

   不一会儿他站了起来,对功一说道:过来一下。

 

  厨房に連れていかれた功一は、父親から包丁を渡された。野菜を切れ、というのだった。

    被带到厨房的功一,接过父亲递过来的菜刀。原来是让他切蔬菜啊。

   (想起以前看过有人叫小田切菜,^_^)

 

  「俺が教えてやる。ハヤシライスの作り方を一から十まで叩き込んでやる。誰にでも作れるかどうかは、その後でおまえが考えろ」幸博は店を臨時休業にした。驚いた塔子がやめせようとしたが。彼は聞かなかった。

   “我来教你。牛肉丁盖浇饭从一到十全部都要学会。到时候你再好好想想是不是谁都能做出来”幸博把店铺换成了暂停营业。吃惊的塔子说道别这样。可是幸博完全不听。

 

  「こいつに料理とは何かを教えてやるんだ。口出しするな」

“我要教给功一什么是料理,别插嘴了”

 

  功一は逃げだしたかっただ、そんなことをすると今度は本気で殴られそうな気がした。

    虽然功一在朋友家时回避了,但是他觉得自己终于认真起来了。

 

  幸博はベースとなるソース作りから始めた。その手順の複雑さ、火加減、味加減の微妙さに功一は目を見張って。父親は毎日このように神経を細かく遣っているのかと思うと、気が遠くなった。 

  幸博从最基础的酱汁开始。制作程序的复杂,控火,调味的微妙,让功一看的目瞪口呆。原来父亲每天都在做着这么细致的事情,功一渐渐恍惚起来。

 

最后编辑于:2015-01-28 17:05

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (19) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团