2015.1.30【日译中】东方补全计划~第五弹 东方project 小说卷——儚月抄 第一集(4)

yangf2014 (不灭孽蜥) 译译生辉
66 1 0
发表于:2015-01-27 13:46 [只看楼主] [划词开启]

                   

       「そう、ご苦労さんでした。それであの娘[#「あの娘」に丸傍点]は何処に?」

       “恩,辛苦了。说起来,那孩子在哪里?”

そう訊くと、鈴仙は少し顔を曇らせた。

永琳的话让铃仙的脸上变得有些阴郁起来。

   「てゐの事ですか? てゐは、いつも通りどっかに遊びに行ってしまったみたいです。祭の日は特に姿を消しやすいのですよ」

“帝吗?好像和平常一样不知道又跑到哪里玩儿去了。每逢祭奠更加难看得住。”


幻想郷には月の姫、輝夜《かぐや》姫が住んでいた。千年以上もの長い間、人間に見つかる事なく隠れ住んでいた。

月之女辉夜公主就住在幻想乡里。千年来,从没见过人类,一直隐居在永远亭。

何故。姿を隠さなければいけなかったのか。それは許されざる大罪を犯し、月の使者から逃げなければいけなかったからである。人間に知られていると、月の使者にも見つかりやすい。そう考えたのだ。

为什么必须隐匿呢。那是因为犯下了不可饶恕的重罪必须从月之使者的手下逃跑。被人类发现的话,行踪暴露给月之使者的可能性就更高了。就是这么回事。

私はその輝夜の数少ない味方としてずっと智慧を貸してきた。幸い幻想郷には迷いの竹林と呼ばれる妖精ですら道に迷う竹林があった。その竹林の中なら、誰にも簡単には見つかる事はないと、姫の為に特別なお屋敷を用意した。それがここ、永遠亭である。

我是辉夜少数的朋友之一,一直尽力帮助她。所幸幻想乡里还有连妖精都会迷路的地方,那就是被称为迷林的竹林。在这片竹林的话,就能为辉夜姬准备一所谁也找不到的特别的小屋。那就是这里——永远亭。

永遠亭は特殊な建物であった。人間に見つからない限り、歴史が進まない仕掛けがしてあった。姫の永遠を操る能力と私の智慧の結晶である。歴史が進まないと言うのは、歴史になるような事件が何も起きないと言う事である。

永远亭是特别的存在。只要人类找不到,历史的齿轮就不会向前旋转。这是辉夜公主操纵永远的能力和我智慧的结晶。所谓历史无法前进,意即任何成为历史的事情都不会发生。


                  PAD胸前戴 十六夜咲夜                 点击查看源网页

                                   上一篇                           下一篇

最后编辑于:2015-01-27 14:10

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团