2015.1.27【日译中】东方补全计划~第五弹 东方project 小说卷——儚月抄 第一集(15)

yangf2014 (不灭孽蜥) 译译生辉
56 1 0
发表于:2015-01-27 20:49 [只看楼主] [划词开启]


     「怪我人なんて知らないよ。こうやって話を聞いていたけど、私の知る限り妖怪兎は一匹も減っていない」霊夢の背中からてゐが上半身だけ横に出してそう言った。霊夢も後ろにてゐが居る事に気が付いていなかったようだ。

    “我可不认识什么受伤的家伙。刚才的问题,在我知道的妖怪兔里面可没有一只受伤哦。”灵梦的背后帝探出上半身子说道。灵梦似乎也没有注意到背后帝的存在。

てゐの神出鬼没さは今に始まった事ではない。気が付いたら居て、気が付いたら居なくなっている。それでも、重要な時には必ず居るのだ。

帝的神出鬼没也不是第一次了。要么突然发现她在场,要么又突然发现她没在场。但是关键时刻却又肯定在。

     「あ、てゐ! 何処をほっつき歩いてたのよ! まだ探してなかったけど」鈴仙がそう叱っても、聞く耳を持とうとしなかった。

    “啊,帝!你又跑到哪里去了?正准备找你的说。”铃仙责备道,但是帝却根本就没有听进去。

   「ふあぁあ。祭が終わると何故か[#「何故か」に丸傍点]兎達が陽気になるからね。少し散歩して酔いを覚ましてただけ」

    “呼哇。祭典结束的时候,不知道为什么兔子们都兴致盎然。稍微走了一下就觉得有些醉了。”

てゐは、手を頭の上で振りながら「何故か」を強調して言った。私が団子に兎が陽気になる薬を混ぜてある事に気付いているのだろう。

帝将手摆在头上摇晃着兔耳,强调地说道:“为什么呢?”应该是注意到我在团子里混合了令兔子情绪高涨的药吧。

   「そんな訳でわたしゃ疲れたよ。奥で休む」そう言って、玄関を上がり家の奥に行こうとしたので、私は気になっていた事を質問した。

    “所以我也觉得累了,就到森林里休息了。”这么说着帝走进玄关,朝房子里面走去。我朝她问道自己非常在意的事。


                                                         偷拍狂魔 射命丸文

                    

                                                        上一篇                           下一篇

最后编辑于:2015-01-27 20:59

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团