2015.01.28【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第二章 无头骑士·客观(2)(21句)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
21 1 0
发表于:2015-01-28 01:30 [只看楼主] [划词开启]

転校したと言っても、帝人が小学生の頃には既にネット設備が整っており、中学に入ってからも毎日のようにチャットをしていた仲だ。顔を合わせなくなったものの、それ程の疎遠は感じていない。

虽说好友转校了,但帝人从小学的时候起便已经配置好了网络设备,升入中学之后几乎每天都和他网聊。尽管两人无法见面,但他们之间并没有很明显的距离感。

 

ネットに疎い帝人の両親にはそれがピンと来ない様で、『小学校の時に別れた友達に誘われた』というのは、息子を上京させるには少々納得のいかない理由だったようだ。口にこそ出していないものの、学費の安い地元の公立校に通わせたいという事もあったのだろう。とりあえずは反対されたが、学費以外の生活費は自分でアルバイトをして稼ぐという事で説得し、こうして春から新天地に居を構える事となったのだが——

帝人不熟悉网络的父母似乎对此无法理解,他们对儿子去东京的所谓“应小学时就分开了的朋友之邀”的理由似乎也是不大能接受。虽然没有说出口,但他们似乎原本想让帝人去学费便宜的当地公立学校读书。虽然一开始就被反对了,但帝人用“学费以外的生活开销自己靠打工来赚”说服了他们,于是乎从春天起他就要在这个新天地里筑巢了,但是——

 

「失敗したかなぁ……」

“我失败了吗……”

 

自分の存在など歯牙にもかけないであろう人々の群れに、自分は逆に圧倒されてしまっている。自らの勝手な思い込みから生まれる錯覚だとは解っているものの、果たしてこれに馴れる事ができるのかという不安に呑み込まれそうになっていた。

身处在那些认为自己的存在不值一提的人之中,他反而被这些人压倒了。尽管他知道这是自己胡思乱想产生的错觉,但最终他似乎还是被不知自己能否适应这里的不安所吞噬了。

 

五度目ぐらいの溜息をついたところで、聞き覚えの無い声がかけられる。

当他第五次准备叹气的时候,一个从没听过的声音跟他搭话了。

 

「よッ、ミカド!」

“哟!帝人!”

 

「!?」

“!?”

 

慌てて顔を上げると、そこには髪を茶色に染めた青年が立っている。顔にはどこか幼さが残っており、髪やピアスとのアンバランスさが目立っている。

他慌忙抬起头,只见一个染着一头茶发的青年站在自己面前。青年的脸上稚气未脱,与他的头发和耳钉之间的反差特别醒目。

 

早速カツアゲ、それとも悪徳商法かと身を震わせた帝人だったが、相手が自分の名前を呼んでいた事に気付き、相手の顔をまじまじと見る。そして帝人は、その顔の中に幼馴染の面影を感じ取る。

虽然帝人马上以为是威胁或者非法买卖,身体颤了颤,但他注意到对方叫的自己的名字,便目不转睛地盯着他的脸看。

 

「え、あれ……紀田君?」

“额,咦……你是纪田?”

 

「疑問系かよ。ならば応えてやろう。三択で選べよ、①紀田正臣 ②紀田正臣 ③紀田正臣」

“用的疑问句啊。那我来回答你吧。三选一,第一纪田正臣,第二纪田正臣,第三纪田正臣。”

 

その言葉に、帝人は池袋に来てはじめての笑顏を見せた。

听到这里,帝人脸上露出了自他来池袋以来的第一个微笑。

 

「わあ、紀田君! 紀田君なの?」

“哇,纪田!你是纪田吧?”

 

「俺の3年かけて編み出した渾身のネタはスルーか……久しぶりだなオイー!」

“无视我耗费三年时间用尽浑身解数编出来的梗吗……好久不见了喂!”

 

「昨日チャットで話したじゃない……それにしても、全然変わってるからびっくりしたよー。髪の毛染めたりしてるとは思わなかった! あとそのネタ寒い」

“昨天不才在聊天室里聊过天吗……话说回来,你完全变样了,吓了我一跳啊!没想到你居然染了头发!另外你那个梗好冷。”

 

上一页    下一页

最后编辑于:2015-01-28 02:33

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团