2015.01.28【日译中】「流星の絆」第二章8(29句)

兰汐羽兮 (神谷みか/みかの消失) 译心传心
26 10 0
发表于:2015-01-28 12:04 [只看楼主] [划词开启]

午前中から始めたというのに、完成する時には外が暗くなっていた。それでも、本当はもっと時間をかけるんだ、と幸博はいった。

虽然是上午开始的,可是完成的时候已是夜幕降临.即便如此,幸博还是说道应该要更花些时间的.

 

 「食ってみろ」そういって幸博は、出来たばかりのハヤシライスを功一の前に置いた。

“吃吃看”幸博说着,把刚做好的牛肉丁盖浇饭放到功一面前.

 

  功一はスプーンですくって食べた。紛れもなく、いつものハヤシライスだった。

    功一用勺子吃着.毫无疑问,这就是平时的牛肉丁盖浇饭.

 

  おいしい、と彼はいった。

     真好吃.

 

  「どうだ。誰にでも作れると思うか」幸博は訊いた。

 “怎么样,谁都可以做出来吗”幸博问道.

 

  功一はかぶり振った。

    功一摇摇头说.


  「作れないよ。こんなにおいしいハヤシライスは、作り方がわかってたって誰にも作れない。父さんにしか作れない」

“做不出来的.这么好吃的牛肉丁盖浇饭,就算是知道做法也是做不出来的.只有爸爸可以做出来.”

 

  すると幸博は満足気に頷き、笑いながらこういった。

    幸博满足的点点头,笑着说道.

 

  「それがわかったんなら、もう大丈夫だ。おまえだって作れるさ」

“你明白这个的话,就没问题了.你也可以做出来的.”

 

  「本当?」

“真的吗”

 

  「嘘はいわれえよ。ただしだ」幸博は厳しい顔になって続けた。「友達の家でなんか作るな。ここで作れ。で。作って食わせたら金を取れ。うちのハヤシライスは、ただで食わしてやるものじゃないからな」そういった後。まえ元の笑顔に戻った。

   “没骗你哦.只是”幸博严肃的继续说道”不要在朋友家里做.在这里做.然后,做完吃了的话要收钱.我们家的牛肉丁盖浇饭不是只用来吃的.”说完,又笑了起来.

 

  当店自慢のハヤシライス、百年の歴史の味をどうぞ——。

本店值得推荐的牛肉丁盖浇饭,百年味道,敬请享用。

 

  メニューを眺めるうちに、功一の脳裏に様々な思い出が次々に浮かんできた。楽しく、つい笑みを漏らしてしまいそうになる思い出ばかりだ。

   功一看着菜单,过去的事情一件件历历在目.都是高兴的,让人不禁微笑的回忆.

 

  だがどんな思い出も、ひとたびメニューから顔を上げると一瞬のうちに粉々に砕け散ってしまう。客が幸博の料理を楽しむための空間が、険しい顔つきの警官たちによって占拠(せんきょ)されている。

    但是再美好的回忆,一旦功一从菜单上面抬起头就会在一瞬间全部化为粉末四处飞散. 可供客人享受幸博料理的空间里,到处都是神情严肃的警察.


  「有明功一君、だね」

“你是有明功一吧.”


  声をかけられ、顔を上げた。背広を着いた二人の男が立っていた。

功一听到声音,抬起头来.他前面站着两个穿西装的男人.

 

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (10) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团