2015.1.27【日译中】东方补全计划~第五弹 东方project 小说卷——儚月抄 第一集(17)

yangf2014 (不灭孽蜥) 译译生辉
41 1 1
发表于:2015-01-28 16:22 [只看楼主] [划词开启]

                    

 

     「その妖怪兎は何か言ってなかった?」

    “那只妖怪兔说了什么吗?”

   「今のところ唸っているだけよ。何故か誰にやられたのか喋ろうとないの。そう言えば、長い布を持っていたけど……

    “现在也就是嘴巴里哼哼两句而已。为什么来这里,被谁弄伤了,都没有说清楚。说起来,好像拿着很长的布······”

霊夢が言っている妖怪兎は、十中八九、月から落ちてきた月の兎だろう。先ほどの月の羽衣は、その兎の物である可能性が高い。

灵梦说的妖怪兔十有八九是从月球落下来的兔子吧。刚才的月之羽衣也该是那只妖怪兔的所有物才对。

今はまだ月の兎に私達の居場所を教えてしまうのは不味い。何故なら、鈴仙の話では「月の都はまた大きな争乱が起き始めているらしい」からである。今、私の存在が明るみに出てしまえば、どちらかの勢力に利用されてしまう[#「利用されてしまう」に丸傍点]だろう。私は争い事はもう面倒だと思っていた。

现在就让月球的兔子知道我们居住的地方实在是糟糕。因为铃仙说过“月之都此时好像又陷入新的大型争乱之中”。现在,如果我的存在被揭示的话,肯定会被哪一方的势力利用这一点吧。我讨厌争端。

「うーんとね。その妖怪兎は気を付けた方が良いわ。私の想像では、大方狐か狸に誑《ば》かされているんだと思う」

“说的也是。那只妖怪兔还是要好好注意呢,如果我想的没错话,可能会被狡猾的狐狸又或是狸给骗了哦。”

    「何だって?」

    “你说什么?”

    「てゐが知らない妖怪兎が居ないってのは本当よ。てゐが全員無事だって言うのなら、神社にいる妖怪兎は偽者の筈」

    “帝不知道的妖怪兔是不存在的。既然帝说兔子们都平安无事的话,神社里的那只兔子应该就是伪物了。”

                             变相怪杰 秦心

                                                           

                                                      上一篇                           下一篇

最后编辑于:2015-05-02 18:50

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团