2015.01.29【日译中】「流星の絆」第三章1(25句)

兰汐羽兮 (神谷みか/みかの消失) 译心传心
96 18 0
发表于:2015-01-29 12:27 [只看楼主] [划词开启]


  男たちは刑事だった。どちらも名乗らなかった。白髪頭を短く刈った男は功一の正面に座り、背の高い若い男がその隣の席についた。

    他们是刑警。两个人都没有自报姓名就自己坐下来了。一头白头发剪得很短的男人坐在功一的正对面,高个的年轻男人坐在白头发男人的旁边。

 

  もう一人別の男が少し遅れてやってきて、隣のテーブルの椅子を引いた。その人物のことは功一も知っていた。何度か客として来たことがあるからだった。最近も来ていたのを覚えている。幸博とも親しかったらしく、よくカウンター越しにゴルフの話をしていた。しかし彼が警察官だということは、今夜初めて知った。警察に連絡した後、店の前で待っていたら、最初に現れたのが彼だったのだ。柏原という名字も、その時に聞いた。

   还有一个人来迟了,他拉过旁边的椅子坐下了。功一也认识这个人。他来过店里吃过好几饭。最近也有来过。这个人和幸博好像很熟,经常到柜台后面一起谈论高尔夫。但是功一今天才知道他原来是警察。报警之后,功一在店门口等着,最早来的就是这个人。功一也是那时知道他叫做柏原。

 

  「話、できるかな?」白髪頭が訊いてきた。

    “能说话吗?”白头发的人问道。

     感觉能说话吗 很生硬,可是自己没想出更好的翻译~

 

  功一は柏原のほうを見た。大体のことは彼に話してある。

    功一看了看柏原。大概的事情都他都和柏原说过。

 

  「今は無理なら、明日にしてもらおうか?」柏原が気遣いようにいった。

   “ 现在要是没办法的话,那就明天如何“柏原担心的说道。

 

  功一は小さく首を振った。「大丈夫です」

    功一轻轻地摇摇头。“没事“。

 

  本当に今すぐにでも弟や妹たちのところに戻りたかった。だが自分が話をしなければ犯人は捕まらないのではないかと思うと、逃げ出すわけにはいかなかった。

    真的很想现在就回到弟弟和妹妹的身边,但是想到如果自己不说的话可能就抓不到犯人,所以绝对不能逃避。

 

  「今夜のことを、なるべく詳しく聞かせてもらいたいんだけどね」白髪頭がいう。

“今天晚上发生的事情,我想尽可能的详细问你。“白头发的人说道。

 

  「あの……どこから話したらいいですか」かすれた声で功一は訊いた。自分でも驚くほど、全身に力が入らなかった。身体が小刻みに震えていることに初めて気づいた。

    “嗯……从哪里开始说比较好“功一声音沙哑的问道。过度的惊吓,使他无法使出全身力气。他这时才意识到身体也在不断发抖。

 

  「どこからでもいいよ。話しやすいところからで」

“从哪里开始都可以。从比较好说的地方开始吧“

 

  そういわれても、頭が混乱して考えがまとまらない。功一は再び柏原を見た。

    虽然这样说,可是功一思绪混乱无法整理。他再次看向柏原。

 

  「あそこからでいいんじゃない。ほら、家を抜け出したところからだ」

   “从这里开始如何。喏,从溜出家的时候吧。“

 

   ああ、功一は頷き、白髪頭の刑事に目を戻した。

     嗯,功一点点头,重新看向白头发的警察。

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (18) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团