2015.01.30【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第二章 无头骑士·客观(6)(22句)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
16 3 0
发表于:2015-01-30 01:22 [只看楼主] [划词开启]

街を歩く人間も多岐に及び、サラリーマンからフリーター風の若者、女子高生や外国人まで様々な種類の人間が混在している。かといって完全な混沌というわけでもなく、それぞれ自分と似たような雰囲気の人間同士で集まっており、何か縄張りのような空気を感じさせる。時折その縄張りの中から一人飛び出し、別の種類の人間に声をかけたりしいる。そんな光景すらも押し流すように、人の波はとめどなく動き続けていた。

街上行走的人也涉及到了多方面,从工薪族到自由职业风格的青年、女子高中生甚至外国人,形形色色不同种类的人混杂在一起。话虽如此,但也不并是完全混在了一起,每一个人都与跟自己有着相同气场的伙伴聚在一起,让人感到周围似乎张起结节的氛围。偶尔结界中的一人突然走出来,和别的种类的人打一个招呼。人浪接踵而至,好像连这样的光景也要冲走一般。

 

正臣にとっては見慣れた光景だったが、帝人にとっては何もかもが新鮮に見えた。地元一番の商店街だとて、これほどの人で溢れた事は無い。今までインターネットや漫画の中でしか見る事の無かった世界が目の前に広がっている。

虽然这对正臣来说已是司空见惯的景象,但对帝人来说一切的事物看上去都是新鲜的。就是在老家最豪华的商店街,也没有过这里人多得快爆掉的景象。至今为止只在网上或者漫画中才看得到的世界正呈现在自己的面前。

 

その感動をストレートに伝えると、正臣が笑いながら次のように告げた。

帝人直白地向正臣传达了这种感动后,正臣一边笑一边这样告诉他。

 

「あー、じゃあ今度新宿か渋谷に連れてってやるよ。原宿でもいいかな、カルチャーショック受けるぞ。アキバとかでもいいし……人ごみが珍しいなら、競馬場に連れてってやろうか?」

“啊~,那下次干脆带你去新宿或者涉谷吧。原宿或许也不错,在那里可以感受到文化冲击哦。秋叶原之类的也可以……要是觉得人多拥挤很稀奇的话,我就带你去赛马场如何?

 

「遠慮しとくよ」

“饶了我吧!”

 

正臣の申し出を丁重に断っていると、何時の間にか大通りに差し掛かっていた。複数車線の道路を忙しなく自動車が往来しており、その道に覆いかぶさるように、巨大な道が空を遮っている。

帝人郑重地拒绝了正臣的提议后,不知何时他们已经走到了干道边上。机动车不慌不忙地在数条车道的道路上通行,巨大的公路仿佛要覆盖住干道一般,遮住了干道上方的天空。

 

「この上の道路が首都高速な。あ、そうそう、今通って来たのが60階通りって奴だから。それとは別にサンシャイン通りってのもあるけど、シネマサンシャインは60階通りだから間違えないように気を付けろな。ああ、折角前を通り過ぎたんだから案内しときゃよかったな」

“上面的这条路是首都高速。啊,对了对了,所以刚才我们过来的那条路就是60阶街了。除此之外还有一个叫太阳城街的地方,但是因为太阳城影院在60阶街所以注意别搞错了噢。啊啊,难得我们从它门前路过了,要是有跟你介绍一下就好了。

 

「ああ、別に今度でいいよ」

“啊啊,下次介绍就好啦”

 

そういう帝人も行きかう人間ばかりに気をとられ、肝心の街並みを見る事を怠ってしまっていた。恐らく今のままでは、一人で駅からサンシャインに辿り着く事は不可能だろう。

这么说着的帝人把注意力全部集中在了往来的行人之上,而观察街道状况的正事却被她忽略了。恐怕照他现在的样子,想一个人从车站绕到太阳城是不可能的吧。

 

長い信号待ちの間、正臣が今まで歩いてきた通りを振り返りながら呟いた。

在等待信号灯的这段不短的时间里,正臣把到现在为止一路走来的街道一边回顾一边嘟囔了一遍。


上一页    下一页

最后编辑于:2015-02-05 23:33

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (3)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团