2015.01.30【日译中】(重发)【小说自翻】十一ミス研推理録 ~VS自殺屋~ 第一章02

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
6 0 0
发表于:2015-01-30 09:28 [只看楼主] [划词开启]
「十一《プラマイ》! どう思う?」


加减,你怎么想的?】


 聞かれて十一朗は顔を上げた。ちなみに十一《プラマイ》は十一朗の名前を文字(もじ)った仇名(あだな)だ。そして、十一朗はこの仇名を気に入っている。


被问到的十一朗抬起了头。顺带一提,加减是用十一朗的名字模仿而来的绰号。而且,十一朗非常喜欢这个名字。


 画面には語り口調で書いてある都市伝説があった。


这是一个用旁白的口气描写画面的都市传说。


『これは、私が友人から聞いた話をもとに実行し、その最中に体験したことです』という始まりだ。


故事是以【这是我把从朋友那儿听来的传说,还原到现实来实行,而在其中亲身体验的故事】作为开始的。


 真っ暗にした風呂の湯船に体を付けてから、「お母さん助けて――」と三回言ってください。これを十三日間繰り返します。すると十三日目、あなたの足を引っ張る感触があるはずです。


首先,你要在漆黑的浴室中,把身体搭在浴盆中,然后说3次“妈妈,救救我——”。如此重复13天。然后在第13天的时候,你会感到腿被什么东西牵扯住的感觉。


 それが我が子を溺死で失って彷徨(さまよ)い続ける霊、「カヨ」さんです。カヨさんに右足を掴まれたら、「助けて」という願いどおりに、あなたの悩みを払ってくれます。


那是因为孩子溺水至死而失去孩子的“佳代”一直徘徊着的灵魂。(那是“佳代”,一个因为自己的孩子溺水致死而在世间徘徊的灵魂。如果被佳代抓住了你的右腿,她就会依照你的求救,消除你的烦恼。


 しかし、左足を掴まれてしまうと終わりです。自分の子供の足と間違えたカヨさんは、あなたの足を引き千切(ちぎ)ってしまいます。
 ――というもの。


但是,如果被她抓住了你的左腿,那你就完蛋了。据说佳代把自己孩子的腿和你的腿搞错的话,会扯断你的腿。


 更に二人は、
『私は右足をつかまれました。それが理由なのか、絶対に無理と言われた難関校に合格できました』という嘘の実体験も付け加えていた。


二人还更进一步增加了这个编造的实际体验:
【我的右腿被她抓住了。这可能就是我考上了被别人说绝对没指望考上的,那个门槛很高的学校的原因吧。】


 意見を求められた十一朗も、小説にしおりを挟みながら、続けて二人に習うように、
「左足をつかまれた時の助かる方法も付け加えれば? 僕はあなたの子供の『ヒロタカ』ではありませんって答えるとか」
 即席で思いついた案を告げる。


被征求意见的十一朗也一边把书签夹进小说,一边立马接着学这两人的样子,告诉了他们他突然想到的问题(方案
【把左腿被抓住时要怎么获救的方法也加进去如何?比如对“佳代”(回答说我不是你儿子“裕贵”之类的?】


 妙な都市伝説作りに深入りするつもりはない。妥当な答えだったのでは――と、十一朗は我ながら満足した。


不想过分深入到奇怪的都市传说的创作中去,十一朗做出了连他自己都觉得满意的稳妥的回答。


 しかし答えた途端、
「それって、私の名前、引用してない?」
 奥に座る部員から声が上がった。見ると声の主は、十一朗の幼馴染み三島裕貴(みしまゆき)である。


然而当他刚说完,坐在里面的部员的声音突然响了起来:“那不就是说,要把我的名字引用进去咯?”循声望去,说话的人是十一朗的青梅竹马,三岛裕贵。




2014.05.17【日译中】【小说自翻】十一ミス研推理録 ~VS自殺屋~ 序章02

2014.05.20【日译中】【小说自翻】十一ミス研推理録 ~VS自殺屋~ 序章03

2014.05.22【日译中】【小说自翻】十一ミス研推理録 ~VS自殺屋~ 序章04(序章完)

2014.05.24【日译中】【小说自翻】十一ミス研推理録 ~VS自殺屋~ 第一章01


分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团