【翻译小分队】乙一《きみにしか聞こえない》第二章8 Mika 2015年1月31日

兰汐羽兮 (神谷みか/みかの消失) ☺☺
11 1 0
发表于:2015-01-31 10:58 [只看楼主] [划词开启]

ユミもまた、頭の中にある携帯電話を使用して話をしていた。年齢は二十歳《はたち》。一人暮らしをしているらしい。彼女の声はやさしく、落ち着いており、混乱しかけているわたしを安心させるように語りかけてくれた。暖かく包みこまれるような気持ちにさせられる。

佑美再次使用脑海内的电话与我通话。她二十岁。好像是一个人住。她的声音非常温柔,镇静自若,让混乱的我可以安心的和她对话。我仿佛感到被温暖的气息所包围。

 

「わたしもそうだったからわかるけど、あなた今、そのシンヤ君やわたしが、自分の作り出した人格なのではないかと疑っているのでしょう」

“因为我也曾这样。你现在是不是在怀疑我和那个慎也都是你想象出来的人格啊。”

 

 心の中を読まれたかと思った。彼女は、その考えが間違《まちが》いであることを説明し、それを証明する方法を教えてくれた。

 莫非她能读懂我的心思吗。她告诉我事实上不是那样的,还教给了我如何去证明。

 

 

「今度、シンヤ君から電話がかかってきた時に、いま教えた方法を実行してみるといいよ。彼が実在の人物だということがわかるから」

“下次慎也君打电话给你的时候,你就试一下我现在教给你的这个方法吧。你会知道他是实际存在的人的。”

 

「本当に、そんな回りくどいことを試すの?」

“真的要尝试这么繁琐的方法吗”

 

実は、もっとかんたんで楽な方法もあるけど、教えない」

其实有更简单好用的方法,可是我不告诉你

 

 わたしはひそかにため息をつく。

暗暗叹了一口气。

 

「でも、もうかけてこないかも」

“可是。他可能不会再打来了”

 

「くるよ、絶対」

“一定会打来的”

 

 彼女は自信ありげに言うと、この見えない電話回線について、いくつかのことを教えてくれた。

   她自信满满的说道,又告诉我了一些关于这看不见的电话线的相关事情。

 

 


全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团