2015.01.31【日译中】「流星の絆」第三章2(36句)

兰汐羽兮 (神谷みか/みかの消失) 译心传心
36 18 0
发表于:2015-01-31 11:28 [只看楼主] [划词开启]


「十二時頃、弟らと窓から外に出たんです。ベルセウスを見ようって……」

“半夜十二点的时候,我和弟弟妹妹从窗户出去。准备去看英仙座流星雨……”

 

 「そうらしいね。そのことは当然、御両親には内緒だったわけだね」

   “看起来像是这样。这件事肯定是瞒着你父母的吧“

 

  はい、と功一は頷いた。

    嗯,功一点点头。

 

 「家を出る時、御両親はどこにいたのかな」

   “出门的时候,你父母在哪里呢“

 

 「ここで何か話してました」

  “有没有说些什么“

 

 「どんな様子だった?」

“是什么样子的“

 

 「別に……ふつうの感じでした」

  “没什么特别……和平常一样“

 

  昨夜、家を出る直前に功一は一階の様子を窺った。両親は店で話をしていた。二人とも、ぼそぼそとしゃべっていたので、話の内容はわからない。だがたぶん商売のことだろうと功一は想像している。このところ両親が、それに関する話を子供たちに聞かせたがらないでいることに彼は気づいていた。

   昨晚,正准备出门前功一偷偷看了一眼一楼的情况.爸妈在店里面说话。因为两个人声音很小,所以功一不知道他们在说什么。不过他猜想大概是关于做生意的事情。功一察觉到最近父母不想孩子们问关于生意方面的事情。

 

   「星を見て、戻ってきたのは何時頃?」

    “看完流星,什么时候回来的?”

 

  「見てません」

“没看到”

 

  「えっ?」

诶?”

 

  「流星、見えなかったです。天気が悪くて、それで帰ってきたんです」

    “我们没看到流星。天气不好,就那样回去了”

 

  「ああ、そうか。で、帰ったのは何時頃?」

   “啊,这样啊。那么,回来时几点了?”

 

  「二時頃だと思います。でも、あんまり自信ないです。時計を見たの、ずいぶん後だから」

    “两点吧。不过不确定。很晚我才看钟的。”

 

  「いいよ、それで。家を出るには窓から出たといったけど、帰った時にはそこの入り口から入ったんだよね。どうしてかな」

    “好。然后,出门时从窗户出去的,回来时却说从这个门进来的。为什么”

 

  「妹がいたから。俺と弟だけなら窓から入れるけど、妹を連れてたら無理だから。それに、妹は途中で寝ちゃってたし」

“因为妹妹在。如果只有我和弟弟两人人就可以从窗户进来,可是带着妹妹就很难办了。而且,妹妹在路上睡着了”

 

  「鍵は君が持ってたのかい」

     “钥匙是你带着的吗”

 

  「はい」

是的”

 

  「いつも持ってるかな」

“你一直带着吗”

 

  「財布にくっつけてあります」

    “钱包也一直在身上吗”

 

  こんなことまで話さねばならないのか、こんな話が役に立つのだろうか。などと考えながら功一は質問に答えた。

   难道连这种事情都要说吗,这个有用吗。功一一边想着这些事情一边回答着。

 

  「それで、店に入ってきた時のことを聞きたいんだけどね」白髪頭が、それまでに比べてやや慎重な口ぶりでいった。

    “接下来我想问你一些你回家之后的事情”白头发刑警用与之前相比较慎重的语气说道。

 

  「店の電気が消えてるんで、父さんたちはもう寝てるんだろうと思って、鍵をあけて中に入りました。そうしたらそこのドアがちょっと開いてて、向こうの電気がついてました」

   “因为店里灯关了,所以你认为父母已经去睡觉了。用钥匙打开门进去了。然后打开那边的门,把对面的灯打亮”

 

   功一はカウンターのほうを振り返った。その先にあるドアのことだ。

      功一回头看来看柜台。那里有一个门。

最后编辑于:2015-02-01 12:03

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (18) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团