2015.02.01 【日译中】杀人之门(一)06

生田妹 (生田) 译心传心
37 4 1
发表于:2015-02-01 08:00 [只看楼主] [划词开启]

 私が一人でいると、「カズ君、寂しそうだね」と、よく話しかけてきた。それから私が持っているゲームの相手をしたり、綾取りの変わったやり方を教えてくれたりもした。「お父さんやお母さんには内緒よ」といって、ホットケーキを焼いてくれたこともある。ただ小麦粉を水で溶いたものを焼いていただけのものだったが、私にとっては御馳走だった。溶けたマーガリンの香りさえ、いつもとは違っていた。

  当家里只剩下时,她就会过来跟我搭话,“小和,一个人很无聊吧”。然后陪我打游戏,教我另类的翻花绳招式。有时候还会做薄煎饼给我吃,并对我说“要对你爸爸妈妈保密哦”。只不过是用面粉和水煎出来的饼子而已,但对我来说却是美味佳肴。就连融化的麦淇淋的香味也不平常。

  

 当時のトミさんがどういう顔をしていたのか、正確に思い出すことができない。長い髪を無造作に後ろで縛っていたということと、顔の輪郭が丸かったことだけを、おぼろげに思い浮かべられるだけだ。

    不起当小富是什么模样了。脑海中只能模模糊糊浮现出她把长发随意扎在脑后只能模糊地记得随意地把长发扎在脑后的样子,以及她圆润的脸型。


 ただ、肌の色が白かったことだけは鮮明に覚えている。いや、肌の色というのは厳密ではない。正確にいうならば尻の色だ。

   不,我倒是清晰的得她肤色很白。不,是她的肤色并不严谨。准确来是她屁股的色。


 土曜日だったと思う。その日私は珍しく、勝手口から家に入ろうとした。台所で昼食の支度をしているに違いないトミさんを驚かしてやろうと思ったのだ。

   得那是个礼拜六。那天我出奇地想从后门屋。我想小富一定会在厨房准饭,打算吓她一下。

 

 裏木戸には鍵がかかっていた。だが塀の一部が壊れていることを知っていた私は、たやすくそこから中に侵入した。そして家の勝手口の戸を、そっと開けた。

   通往厨房的小板门上了。但我知道围墙有一个地方坏掉了,因而轻易地进了围墙,然后悄悄地把后门打开了。  


 流し台のところにトミさんの姿はなかった。ガスコンロの前にも彼女はいなかった。私は戸をさらに開けて台所の中を見渡した。一見したところでは、彼女はいないように思われた。

   小富不在洗。灶前也不她人。我把窗再打开了些,扫视厨房。乍一看,我以她不在。


 だがトミさんは、土間を上がってすぐの和室にいた。こちらに背中を向け、しゃがみこんでいるように見えた。私はこっそり近づこうとした。しかし彼女のスカートがまくりあげられ、下半身が丸だしになっているのを目にして、金縛りにあったように身体を硬直させた。

  是在厨房旁的和室里。她背着我,看起来像是蹲着。我打算悄悄走近。却看她的裙被撩起,整个下半身都露了出来,我的身体仿佛被捆住般地僵住了。


 彼女の下には誰かいた。紺色の靴下を履いたままの足の裏が二つ、こっちを向いていた。足首までズボンが下げられていた。そのズボンの色は灰色だった。

   她的下面不知是谁。那人穿着藏青色的袜子,脚底板着我。灰色的一直脱到了脚踝。


 私の目は和室の隅に置かれた鞄をとらえていた。それは税理士のものに違いなかった。

   发现了放在和室角落的公文包。那绝对是税的包。


 仰向けになった税理士に跨り、トミさんの尻が上下していた。その時になって初めて気づいたのだが、二人は激しく喘いでいた。税理士は呻き声のようなものを漏らしていた。

   小富跨在仰着的税身上,上下摆动着屁股。此到,他们俩在激烈地喘息着。税务还发了类似呻吟的声音。

最后编辑于:2015-02-03 10:43

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (4)

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团