2015.02.01【日译中】ゆめにっき第四話(1/4)

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
6 3 1
发表于:2015-02-01 12:24 [只看楼主] [划词开启]
ゆめにっき
あなたの夢に私はいない
[原作]ききやま [執筆]日日日
手打搬运 请勿随意转载


第四話 一本道
第四话 直道

 あなたは そのまま歩いていく。
 你就这样往前走着。

 雨の中を、まるで幼いころ学校帰りに迎えにきてくれた両親に、手を引かれて歩くみたいに。どこか楽しげに。幸せそうに。
 你在雨中走着,就像是小时候放学后被前来接你的双亲牵着手走着。带着一些快乐。带着一些幸福。

 雨は、あなたにとっては——そんなに嫌なものではないのかもしれない。
 或许,对你来说,雨并不是那么讨厌的东西。

 けれど、歩くあなたのかたわらには両親どころか、誰もいない。独りぼっちで、あなたは歩く。
 但是你的身边别说是双亲了,谁都没有和你一起走着。你一个人,行走着。

 何もない暗闇のなかを、降りやまぬあめをかきわけるように。
 在一无所有的黑暗中,仿佛要劈开这永不停歇的雨一般。

 雨を吸って広がった水溜りのなかで、おおきく薄められた口喧嘩する男女が、輪郭を失いどろどろにとろけて得体のしれぬものになりながらも、まだ互いに憎しみを吐きちらしている。
 吸收了雨水而变大的水洼里,争吵着的男女即使影子被大大稀释,轮廓崩塌软绵绵地化为两团不明真相的东西,也还依旧在互泼仇恨。

 けれど雨粒が傘に弾かれてたてる音が、あなたを守る。もとより、男女の恨み言はあなたに届いていない。雨音に消し去られて、あなたの周囲はひどく静かだ。
 但是雨滴被雨伞弹开的声音正守护着你。所以,男女的憎言恨语自然传到不到你的耳中。杂音被雨声盖住,你的周围分外安静。

 のんびりと、あなたは歩いた。
 你悠闲地走着。

 やがて、目の前に階段らしきものが見えてくる。
 最终,眼前出现了一个像楼梯一样的东西。

 地面から不自然に生えた、やけに細長い出入り口だ。そこから、どこに繋がっているかもわからぬ下向きの階段が伸びている。あなたは、当て所なく歩くことに飽き飽きしていたのか、どこか期待するように真っ直ぐそちらへと向かった。
 不自然地长在地面上,格外细长的入口。入口处延伸着一段不止通往何方的向下的楼梯。你大概是厌倦了这漫无目的的行走,带着一丝期待径直走了进去。

 あなたは傘を閉じて、己の太股に「とん、とん」と叩きつけて水滴を落とすと。階段へと、吸いこまれるようにして踏みいっていく。
 你收起伞,在自己的大腿上嘭嘭敲了几下把水甩下来。像是被阶梯吸过去一般踏了进去。


(TBC


最后编辑于:2015-02-01 12:30

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (3)

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团