2015.02.02【日译中】.hack//bullet——让“欲望之鼠”淹没世界吧!第六章 重生之年1

发表于:2015-02-02 23:41 [只看楼主] [划词开启]

06 再誕の年

06 重生之年

 

翌朝、曽我部は事務所を出てマンションに戻った。洗濯物をつめたビニル袋を抱えて上にあがり、自宅ドアにカードキーを滑らせて中に入った。

第二天早上,曾我部离开了事务所回到了公寓。他抱着装满待洗衣物的塑料袋上了楼,在几家房门上刷了房卡进入房内。

 

リーリエはすでに起きていて、リビングでパジャマ姿のまま朝のアニメ番組を見ていたが、曽我部が帰ってきたのに気づいてあわてた様子で言った。

莉莉爱已经起床了,她仍穿着睡衣在客厅看早上的动漫频道,注意到曾我部回来了,她似乎有点慌张地说。

 

「グリちゃん。ニュース」

“古利酱。换新闻。”

 

テレビのチャンネルが切り替わり、ニュース番組になった。

电视的频道自动切换了,变成了新闻栏目。

 

中学生になる直前くらいからリーリエは曽我部の前で子供向けのアニメを見るのを恥ずかしがるようになった。思春期の兆候なのかも知れない。

从即将升上中学的时候开始,莉莉爱就以在曾我部面前看给小孩子看的动漫为耻了。也有可能是思春期的征兆。

 

「おはよう」

“早上好。”

 

と、曽我部が声をかけると、リーリエは澄ました様子で答えた。

曾我部开口说道。莉莉爱装作若无其事的样子回复道。

 

「おはよ」

“早上好。”

 

気まぐれでチャンネルを変えていただけで、今また本来のニュースに戻したとでも言うように。

她不断地变换着频道,就像在说刚才她又换回了本来再看的新闻。

 

それから曽我部の顔を見て眉をひそめた。

接着她看着曾我部的脸皱起了眉头。

 

「それ、どうしたの?」

“那个是怎么回事?”

 

「あー。これ?」

“啊~。这个?

 

事務所を出る前に、曽我部は左目の下の湿布を外して大きめの絆創膏に張り替えておいた。これなら吹き出物がつぶれたように見えないこともない。

在走出事务所之前,曾我部撕下了贴在左眼下方的湿敷布,换成了一张大号的创可贴。这样肿起来的地方看起来就像消下去了似的不扎眼了。

 

「でっかいニキビをつぶしちまってね。すんごい痛かった」

“这里爆了一颗大痘痘呢。超痛的。”

 

リーリエは顔をしかめたが、それ以上は詮索しなかった。

莉莉爱的脸皱在了一起,但她没有再追问下去。

 

「朝ご飯はどうする? すぐ食べられるよ」

“早饭怎么办?马上就可以吃的哦。”

 

「すぐ食べる」

“马上就吃。”

 

と、曽我部は言った。空腹だった。よく考えると昨日はろくにものを食べていなかった。

曾我部回答道。他肚子饿了。仔细想想他昨天就没吃什么像样的东西了。

 

「グリちゃん、キッチン」

“古利酱,厨房。”

 

リーリエが言うと、廊下の向こうのキッチンで換気扇が唸り始めた。

莉莉爱一说完,走廊那边厨房的换气扇就开始嗡嗡作响。

 

グリちゃん――『グリット』は曽我部の家の家電類を管理するサーバーロボの名前だ。

古利酱——“古利特”是曾我部家的家用电器管理终端机器人的名字。

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (9) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团