幻夜-东野奎吾 第一章1-6

weina7730740 (●ω●暁)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
地狱大巫师
38 6 2
发表于:2015-02-03 12:44 [只看楼主] [划词开启]

「ほんまはこんなこといいたないんやけど」俊郎はしかめっ面をし、頭を掻いた。「わしのほうにも借金があってなあ。しかもちょっとたちの悪いとこでかりしもた。このままやったら何されるか分からんし、正直弱っとるんや」

俊郎一副愁眉苦脸的样子,挠着脑袋说道虽然真的不想这样说,可是我自己也借了别人的钱啊。而且还是在有些黑道色彩的地方借的。如果一直这样下去的话他们不知道会怎样整我,说实话我很害怕呀。”

「ええよ、分かってる」雅也は頷いた。「ほかの借金を清算した後、おっちゃんから借りた分も返すから」

知道了,知道了雅也点着头说。其他的借款还清之后,我也会把从叔叔那借的钱还上的。

「そうか。そういうてもらえると助かるわ」俊郎は黄色い歯を剝いて笑った。「何しろ相手がただ者やのうてなあ、わしがおたくに金を貸してることも掴んどるや。それで、もし金が返せんのやったら、その借用証出せとかいわれてなあ。そんなことになったら、結局雅ちゃんにも迷惑がかかることになるし、どうしようかと思てたんや」

这样啊,你能这样说真是帮了大忙了。”俊郎露出黄牙笑着说道。“毕竟对方不是一般人啊,而且也知道我借给别人很多钱。所以跟我说如果还不了钱的话,就拿出借款文书。如果真要这么做的话,最后会让小雅很难办吧,所以说能不能想想办法。

「返すから、きちんと」雅也はもう一度いった。

雅也又说了一次我会一分不少的还给你的。

「そうか、助かるわ。すまんなあこんな時に」俊郎は申し訳なさそうな顔を作り、ハイライトを指に挟んだまま手刀を切った。

真的吗,那真是帮了我大忙了。不好意思啊在这个时候说这个。俊郎一副非常抱歉的嘴脸,就那样夹着烟向雅也行礼。注:手刀を切る 相撲で懸賞金を受け取るときの作法。

その後俊郎は、まだ少し残っていたビールを飲んだ後、眠くなったといって二階に上がっていった。昔から出入りしているあの男は、水原家のどこの押入に客用の布団が入っているかも熟知している。

之后俊郎喝完剩下的一些啤酒,说着想睡一会就上了二楼。因为他一直在这个家进进出出,所以水原家中哪个壁柜放着客人用的被子他是一清二楚的。

最后编辑于:2016-05-01 21:27
分类: 学习

标签: 听说写译

全部回复 (6) 回复 反向排序

  • 2

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 听说写译
  • 基础课程
  • 口语课程
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团