2015.02.03【日译中】相続税の対象拡大4・3%→6%に(1/3)

大大大小少 (杉田) 译犹未尽
11 1 1
发表于:2015-02-03 15:17 [只看楼主] [划词开启]

「富裕層だけの話ではなくなった」相続税の対象拡大4・3%→6%に 有効な節税策と注意点は…

“不再只是富裕层的话题”继承税的对象从4.3%扩大到6%  有效的节税政策和注意点是。。。


相続税が1月1日から増税となった。遺産から差し引かれる基礎控除が縮小されることで、課税対象が大幅に増える見通しとなっている。これまで相続問題とはまったく無縁だった層まで対象になる可能性があり、改めて現状を見つめてみる必要がありそうだ。

继承税从1月1日开始增税。因为缩小了从遗产里扣除的基础扣款,所以预定课税对象会大幅增加。至今为止从来不用交继承税的人群也有可能成为课税对象,有重新注视现状的必要。


 「首都圏(東京国税局管内)では、相続税の申告対象者が昨年までの5人に1人から、2人に1人になる可能性もある」

在首都范围(东京国税局管辖范围内),继承税的申报对象数可能从去年的5人中1人变成2人中1人。


 こう話すのは、相続専門の税理士法人「レガシィ」の代表社員税理士、天野隆さん。レガシィによると、とりわけ東京都内では平成22年に亡くなった人の相続人のうち、25・5%が申告し、このうち9・0%が納税したが、今年1月1日以降の試算では、50・3%が申告対象となり、18・9%が課税される可能性があるという。

这样说的是以继承为专门的税理士法人组织“过去的遗产”的代表社员税理士天野隆先生。根据这个组织,特别是在东京都内,平成22年死亡之人的继承者中,申报了25.5%,这其中纳税的为9%。但是今年1月1日之后的估算中,可能有50.3%的申报人,其中18.9%要纳税。


 26年12月31日以前に死亡した場合の基礎控除額は、「5千万円+法定相続人数×1千万円」。これが、27年1月1日以降に死亡した場合、「3千万円+法定相続人数×600万円」にまで縮小される。

平成26年12月31日之前已死亡的,基础扣除额为“5千万日元+法定继承人数×1千万日元”。平成27年1月1日以后死亡的,基础扣除额缩小到“3千万日元+法定继承人数×600万日元”。


 国税庁などによると、夫が死亡し、妻と2人の子供が残された場合、遺産が8千万円以下なら、単純計算で基礎控除(8千万円)で全額差し引かれるため、相続税はかからなかった。しかし、今年1月1日以降、基礎控除額が4800万円となるため、課税される可能性が出てくる。

根据国税厅等,丈夫死了留下妻子和两个孩子的情形,如果遗产在8千万日元以下的话,单纯计算基础扣除为8千万日元,这样遗产就会全部扣除,也就不用交继承税了。但是今年1月1日之后,因为基础扣除额变成了4800万日元,所以就又被课税的可能性。



分类: 日语
全部回复 (1)

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团