2015.02.03【日译中】さよなら妖精97

夏侯燕 (ツバメ) 译犹未尽
6 0 0
发表于:2015-02-03 21:29 [只看楼主] [划词开启]

 ひとが多い間は、歩道を横に占有することを憚って、おれは横並びの三人から少し下がってついていった。ほどなく道は大道に行き当たり、信号待ちを経てそこを横切ると、生徒の姿はまばらになった。隊列は自然と横一列になっていった。

人多的时候,我怕占用整片人行道,所以让她们3个一列走在前面,我落后一点跟在后面。不久路通到大马路,通过红绿灯过了马路之后,学生的身影就变得稀稀落落,队伍自然成为一列。


 マーヤはにこにこし通しだ。

「この前からずっと、晴れを待っていました。日本はこの季節は雨が多いと聞きましたが、本当ですね。いつ晴れるかと思いました。わたし、期待に胸を膨らませています」

玛雅一路上都带着愉快的笑容。
“之前我一直在等晴天。我听说日本这个季节很会下雨,真的呢!我一直在想,不知道什么时候会放晴。我满心期待。”


 その横顔を、白河がからかう。
「マーヤね、あしたは晴れるかあさってはどうかってわたしに訊くのよ。そんなのわたしにわかるわけないのに!」

「んー、いずる、ごめんなさい」

白河在一旁打趣她。
“玛雅啊,会跑来问我明天会不会放晴啦,后天怎么样啦,这种事我怎么会知道呢!”
“呃,阿出,对不起。”


 しかしどうも、そのはしゃぎようが腑に落ちない。そう思っていたら、おれの考えそのままのことを太刀洗が訊いてくれた。

但是,我还是不明白她为什么会这么兴奋。正当我这么想的时候,太刀洗直接把我的想法提出来


「ねえマーヤ。水を差す気はないんだけど、なにがそんなに楽しみなの?」
「水を差す、ですか?」
「楽しみな気持ちを邪魔して悪いけど、ってこと。一般的に考えれば、なんでもない墓場よりは、この間の中之町のほうが見ごたえがあるはずよ」
 するとマーヤは、はたと考え込んでしまった。
「んー……」

「もっとも、全部の行動に理由があるなんて考えてないけど」

“我说,玛雅,我不是要泼你冷水,可是你到底在期待什么?”
“泼冷水?”
“就是说,不好意思,破坏你期待的心情。就一般而言,和什么都没有的墓地相比,上次去的中之町可看的东西应该多得多。”
结果玛雅突然陷入思考当中。
“嗯……”
“我也不认为所有的行动都应该要有理由。”


 マーヤは首を横に振った。

「理由は、あります。ありますが、それを日本語にできませんね。Srpskohrvatskom《スルプスコフルヴァツコム》 なら説明できますが、今度はまちさんがわかりません」

玛雅摇摇头。
“是有理由的。有,可是我不会用日文说。我会用Srpskohrvatskom解释,可是这样万智听不懂。”


 太刀洗の口許に笑みが浮かぶ。
「スルブス……」
「スルプスコ、フルヴァツコムです」

「そう、スルプスコフルヴァツコムっていうのは、ユーゴスラヴィアの言葉ね。そうね、これから勉強しても、ものになる頃にはマーヤは帰ってるでしょう」

太刀洗的嘴角泛起笑意。
“Srps……”
“Srpsko、hrvatskom。”
“是吗?Srpskohrvatskom南斯拉夫话吧。是啊,就算现在开始学,等到会用的时候,玛雅都已经回去了吧。”


 そうか。マーヤと出会ったのは四月の下旬。マーヤの滞在は最初から二ヶ月の予定だったから、もうそれほど時間は残っていないのだ。ふと、とんでもなく貴重なものを捨ててきたような後悔に身が震えた。

对喔。遇见玛雅是4月下旬的时候,而玛雅一开始便预计在日本停留两个月,所以剩下的时间已经不多了。突然间,一种如同丢弃了无比宝贵的东西的后悔,让我的身体颤了一下。


 一方マーヤはあくまで明るく、

「Da. ……んー、では、たとえのお話で説明に代えることにします。

另一方面,玛雅倒是开朗得很,
“唔.……呃,那么,我以比喻来代替说明。


 わたしは日本に来る前、中国にいました。中国の友達は、わたしをいろいろのところに連れていきました。中之町のようなところも、いろいろ見せました。わたしはそれをとても面白いと思いました。

我来日本之前去过中国,中国的朋友带我去很多地方,也看了很多像中之町那样的地方,我觉得非常有趣。


 でも、わたしはそればかりでなく、普段の姿を見たいといつも考えていました。んー、凖備のないところを見たいということです。わかりますか?」

可是,我想看的不止那些,我一直很想看平常的样子。嗯,就是想看没有准备的地方。这样听得懂吗?”


 おれたちはそれぞれ頷き、それを受けてマーヤも安心したように頷いた。
「ある日ですね、わたしは道に迷いました。あまり綺麗でないところに入ってしまいました。そういうところは準備がないと思いますが、わたしは、わざわざ危ないところに行くのは好きではありません。早くそこを出たいと思いました。

 そこでわたしは、悪いひとに会いました。んー、日本語ではなんと言いますか?」

我们各自点头,看到我们的反应,玛雅也放心地点点头。
“有一天,我迷路了。跑到一个不太干净的地方。虽然那种地方是没有准备的地方,但是我不喜欢故意到危险的地方去,我想赶快离开那里。
“那时候,我遇到坏人。呃,日文叫作什么呢?”


 言いつつ、マーヤは白河の鞄を奪う真似をする。白河は首をかしげつつ、
「ひったくり?」
 それを見ていた太刀洗、
「ごまのはい」
「いや違うだろ。意味からして違うだろ」
「なら、強盗で」

「んー、その最後のでいいです。そのひとはわたしに、お金と荷物を置いていけと言いました」

说着,玛雅做出抢白河书包的样子。白河歪着头说。
“抢劫?”
看着她的太刀洗说。
“小偷?”
“不,不对吧。她的意思应该不是那样。”
“不然就是强盗。”
“嗯,最后那个比较好。那个人叫我把钱和东西放下。”


 それなら追い剥ぎだ、と思ったが、わざわざ言いはしなかった。
 なぜかマーヤは、くすくす笑い出した。
「それで、です。そのひとは、置いていかないとこうするぞ、と手に握った武器を見せました。それは、これぐらいの」
 こぶしを握って眼の高さに掲げ、
「石でした」

「石?」

那应该叫洗劫,我心想,但没有特地说出来。
不知道为什么,玛雅却嘻嘻笑了出来。
“然后,那个人说,如果不放下,你就惨了!还让我看他手上的武器。是大概这么大的”
她握起拳头,举到眼部的高度。
“石头。”
“石头?”


 思わず聞き返す白河ににこりと頷いてみせる。
「そうです。石です。お金を置いていかないと石をぶつけるぞ、と言ったのです。面白いですか? でも、そのときは、わたしは恐かったですよ。鉄砲も恐いですが、石も当たれば痛いです。
 わたしはそのとき、準備のない姿を見ることができたと思いました。中国には三ヶ月いましたが、それが一番憶えていることです。

 きょう、わたしは、そういう予感がするのです。だから期待に胸を膨らませます」

她笑着对不由得脱口而出的白河点头。
“对,石头。他说,如果不把钱放下,就拿石头丢我。很有趣吗?可是,那时候我很害怕。虽然我怕枪,不过被石头打到也很痛。
“我想,那时候我看到的,就是没有准备的样子。我在中国待了3个月,那是我记得最清楚的一件事。
“今天,我有那种预戚,所以满心期待。”


 わかったような、わからないような、妙な気持ちだった。太刀洗も得心がいったというよりは、そんなものかぐらいに思ったのだろう。そうなの、という生返事しか返さなかった。もとより、それは太刀洗らしい返事の仕方ではあったのだが。

我听得似懂非懂,感觉很奇异。太刀洗一定也不是由衷体会,只是听过就算了吧,所以只冷冷地回答“这样啊”而已。只不过,这样的回答的确是太刀洗一贯的风格。


「あ」
 突然、白河が声を漏らす。なにかと思って立ち止まる一同に、白河はいま行き過ぎたばかりの交差点を指差した。
「ごめん、そこの道、そこから入れたはず」

 その言葉に従って、少し戻った。白河の記憶は正しく、道はすぐに山手にかかっていった。

“啊。”
白河突然出声。一行人以为有什么事,全部停下脚步,只见白河指着我们刚刚才走过的路口。
“抱歉,那条路,应该从那里进去才对。”
我们听从她的话,往回走了一小段。白河的记忆是正确的,路很快往山上的方向延伸。

分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团