2015.02.03【日译中】《伤物语》 002章 (六)

生田妹 (生田) 译心传心
27 3 1
发表于:2015-02-03 22:34 [只看楼主] [划词开启]
 羽川にそんなつもりがあるのかどうかはともかく、遠回しに責められている気分だ――とは言え、あれだけじっくりと見ておいて今更説得力に欠けるかもしれないが、女子にとって『見られたくないもの』を、わざとではないとは言え目撃してしまったという事実に、僕が罪悪感を憶えているのも確かなのである。

   暂且不论羽川是否有意,我觉得她是在拐着弯地责备我――话虽如此,在我那样仔细盯着看过之后,事到如今或许我的话没什么说服力,但我不是故意的,不过目睹了女孩子“不愿被人看到的东西”这一事实,确实让我抱有罪恶感。

 しかも、こいつは、こんなにこやかに……。
    而且她还那样笑嘻嘻地……
 話を拡げようとするな。
  不准把话题扯远!
「ま、まあ気にするなよ。見てないというのは嘘だけれど、影になってよくは見えなかったし」
  “不,不用在意哦。之前说没看到的是骗你的,不过裙子有阴影我看得不是很清楚。”
 これも嘘だが。
  这个也是谎话。
 やばいくらいよく見えた。
  我看的清楚得不能更清楚了。
「ふ、う、うん?」
   “呼,嗯,嗯?”
 羽川は首を傾げる。
  羽川歪着头说。
「はっきり見えたんならそう言ってくれたほうが、いっそ女子的には気が楽なんだけれど」
“如果你看得很清楚的话就直说,索性这样反而对女生来说会轻松一些。”
「い、いや、そう言ってあげたいのは山々だけれど、しかし事実は偽れないからな」
“没,没有,我也是很想这样说来着,可不能歪曲事实啊。”
「そうなんだ。偽れないんだ」
“这样啊。不能歪曲啊。”
「ああ、気を楽にしてやれなくて残念だ。いっそ僕に嘘がつけたらと思うよ」
“嗯啊,抱歉不能让你轻松。早知这样刚刚我骗你说看到就好了。”
 さっきから嘘しかついてない男の台詞である。
  说这句话的男人从一开始就满嘴谎话。
「およそ四ページに亘って、私のスカートの中身が細部に至るまで丁寧に描写されたように感じるのは、錯覚かな?」
  “可我感觉你好像花了四页的篇幅,把我的裙底风光巨细靡遗之处描写得淋漓尽致,难不成是错觉?”
「錯覚錯覚、超錯覚。さっきまで僕は、情緒豊かな美しい風景を描写していたところだよ」
“错觉错觉,绝对是错觉。刚刚我正好描述完一个情调丰富的场景哦。”
 これは微妙に嘘ではなかった。
    这句话微妙得算不上谎话。
「じゃ。僕はこれで」
“那我先走一步了。”
 そして、軽く手をあげ、これ以上会話を続ける意思がないことを羽川に示し、僕は前へと足を踏み出した。
然后,我轻轻举起手,向羽川示意不想将话题进行下去,我往前迈出了脚步。
 ずんずん歩く。
  快步向前走。
 ああ、なんだかなあ。
  啊,我总觉着吧。
 羽川はこれから家に帰るのだろうけれど、その帰り道、僕にパンツを見られたとか、メールやら何やらで、そんなことを友達に言い触らしたりするのかなあ。優等生はそんなことをしないとも思うし、優等生だからこそするんじゃないかとも思ってしまう。いや、羽川は僕の名前なんか知らないだろうけれど……さすがに同学年であることくらいは知ってるよなあ。
   羽川接着应该会直接回家,不过她在回家途中,会用短信或是别的方式把我看到她裙底风光的事情告诉朋友们吗?不过我觉得优等生应该不会干这种事吧,但有可能正是因为她是优等生更会这样做。不对,羽川连我的名字都不知道......不过她应该知道我们同年级吧。
最后编辑于:2015-02-03 22:39

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (3)

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团