2015.02.04【日译中】幻夜-东野奎吾 第一章2-5 地震来袭

weina7730740 (●ω●暁)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译犹未尽
101 23 0
发表于:2015-02-04 07:32 [只看楼主] [划词开启]

轟音と共に床が大きく波打ち始めた。彼は驚き、周りを見回そうとした。ところがその余裕さえなかった。まるで斜面を転がるように彼の身体は回転した。

伴随着轰鸣声地板大幅度的上下晃动。雅也一惊,试图四处张望一下,但却有心无力。就像在斜坡上翻滚一样雅也的身体滚动着。

 壁にぶつかって止まった後も、地面の揺れは止まらなかった。彼はすぐそばのボール盤に掴まった。周りの光景は信じがたいものだった。

雅也撞到墙壁停止滚动之后,地面也依旧在晃动。他迅速的抓住了旁边的钻孔机。 周围的景象实在是令人难以置信

 鉄骨に支えられた壁が大きく湾曲し始めていた。壁に取り付けられていた黒板、時計、工具棚が外れ、空中で踊っている。何百キロもあるはずの工作機械の土台が揃って軋 み音を立てている。

钢筋支撑的墙壁大幅度地弯曲起来。墙上挂着的黑板,钟以及工具架脱落下来飞向空中。明明是几百公斤重的机床的底盘却一齐发出嘎吱嘎吱的声音来。

 頭上で破裂音がした。その直後に無数の板片が落ちてきた。天井が壊れたのだ。

头上传来破裂声。与此同时无数的瓦片飞落下来。是天花板塌了。

 雅也は動けなかった。恐怖のせいもあるが、揺れが激しすぎて立つこともできないのだ。彼はボール盤に身を寄せ、頭を両手で覆った。地響きは間断なく訪れ、砂嵐のようなものが彼の全身を襲った。爆破音のようなものも時折聞こえる。

雅也完全动不了。是因为害怕的缘故,但同时也因地面晃动的过于激烈连站都站不稳。他将身子倚靠在钻孔机上,双手护着头。地下传来的轰鸣声不间断的袭来,沙尘暴般的东西袭击了他的全身。时不时的还能听到爆炸般的声音。

 彼は指先の間から母屋を見た。開け放ったままの入り口から、幸夫の棺が見えた。しかしその棺は棚から落ちていた。祭壇は形を留めていない。

雅也从指缝中看到了主屋。从那大敞着的入口可以看到幸夫的棺材。但是棺材已经从架子上跌落。祭坛也没了原型。

 次の瞬間、巨大な塊が落ちてきて、部屋そのものが消えた。つい先程まで祭壇のあったところが一瞬にして瓦礫《がれき》の山に変わった。

紧接着,一个大块落了下来,屋子就消失了。刚刚还是祭坛的地方瞬间变为瓦砾堆。

 揺れがどれぐらい続いていたのか、雅也はよくわからなかった。どうやら収まったらしいと思った後でも、身体の中に揺れは残っていた。恐怖も消えなかった。彼はしばらくうずくまったままだった。

雅也也不知道到底晃动了多久。即使在觉得大概已经停下来之后,身体却还在摇晃。恐惧也没有消散。他就暂时那样蹲在那里。

 身体を起こす決心をしたのは、「火事やあ」という声を聞いたからだった。

因为听到“着火了"的声音,他才决定起身。

 雅也は周りを見ながらおそるおそる立ち上がった。工場の壁の殆どが壊れていた。その一部は内側に倒れていたが、頑丈な工作機械がそれらから彼を守ってくれていた。彼の防寒用ジャンパーはところどころ引き裂かれたようになっていたが、彼自身が負っている傷は幸い大したことがなかった。

雅也看了看周围,战战兢兢的站了起来。工厂的墙壁几乎毁坏殆尽。虽然有一部分倒向屋内,好在坚固的工作机械从倒塌的废墟中救下了他。虽然他穿的防寒夹克各处都有很多裂痕,但是幸运的是他没受什么大伤。

 壁のない工場から外に足を踏み出した雅也は、あたりの光景を目にし愕然とした。昨日までたしかに存在したはずの街が消えていた。向かいにあったはずのお好み焼き屋も、そばの木造アパートも、跡形もなく壊れていた。どこまでが道路でどこからが家屋だったのかもわからない。

雅也从没了墙壁的工厂走了出来。映在眼中的周围景象使他一时茫然无措。昨天还真实存在的街道消失掉了。原应在对面的那个日式煎饼屋以及旁边的那个木质的公寓都已经彻底坍塌,没了踪迹。

最后编辑于:2015-02-05 10:05

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (23) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团