2015.02.04 【日译中】杀人之门(一)10

生田妹 (生田) 译心传心
26 3 1
发表于:2015-02-04 21:07 [只看楼主] [划词开启]

 夜になって父と母が相次いで帰宅した。父は魚を見せて、今日の収穫だといった。どこかの魚屋で買ってきたのだろう。その魚をトミさんが料理した。

  到了晚上,父母相回了家。父亲拿鱼给我们看,说是今天的收获。八成是在哪家卖鱼的那里买来的呗。小富拿那条鱼做了晚饭。

 魚好きの私が、その夜は刺身に箸を伸ばさなかった。どうしたのかと皆が訊いたが、私は答えなかった。母は、映画に連れていってもらえなかったので拗ねているのだろうと父に話していた。

   向来喜的我,那天晚上却片筷子都没伸。大家都我怎么了,我没有回答。母亲对父亲说大概是因为我没带他去看电影在使性子吧。

 あの広い家で、私は徐々に居場所を失っていった。

   在那个敞的家里,我渐渐失去了立足之地。

 倉持修と親しくなり始めたのは、ちょうどその頃だった。彼とは五年生になってから、同じクラスになった。席が隣同士だったのだが、その時には、まさかこの男が自分の人生を変える存在になるとは想像もしなかった。

   我和仓持修开始交好,正好是那个候。我和他升入五年后,就在同一个班。虽候我是同桌,但我从未想过这个男人竟然会改自己的一生。

 倉持は特に目立つ存在ではなかった。どちらかというと、クラスの中では孤立していたほうだろう。皆が集まってドッジボールなどをしていても、白けた顔で遠くから眺めているだけで、仲間に加わろうとはしなかった。

   仓持并不是一个特别显眼的存在。什么,大概因他是个独行侠的故吧。即使大家聚在一起玩避球之类游候,他也只是顶着一张扫兴的脸在旁观看,从未想过要加入。

 私も友達を作るのが苦手なほうだったから、いつも群から少し離れていた。それで孤立している者同士、親しくなったということだろう。もっとも彼にしてみれば、私と同類と思われるのは心外だったかもしれない。彼はいつもこういっていた。

   我也是个不太会交朋友的人,总是会避开人群。所以我天涯落人才会彼此惺惺相惜吧。不过或许在他看来,他从未料想会和我被认为是同类吧。他

「俺はみんなで楽しくチイチイパッパってのが大嫌いなんだ。どうせいざとなったら自分が一番かわいいはずなんだから、仲のいいふりだけするなんてくだらない。それがあいつらにはわからないんだからな、ガキだよ」

 “我最讨厌一群人叽叽喳喳有笑的子了。反正只要到了要关大家都会以自己重,表面上装作一副感情十分要好的子,真是无聊。那些人就是不明白一点啊,一群小屁孩。”

 五年生の子供が同級生のことをガキ呼ばわりするというのも滑稽だが、実際倉持にはかなり大人びたところがあった。あまり皆から注目されることはなかったが、成績もなかなか優秀だった。私は彼からいろいろなことを教わった。学校では教えてもらえないことばかりだった。たとえばうちの学校の近くには頻繁にテキ屋が出没したが、彼等の手口を解説してくれたのも倉持だった。

  一个五年的孩子把自己的同班同学称为“小屁孩”,虽然可笑,但持确实像个小大人。他虽然不大引人注目,成倒是非常的好。他教了我很多学校里学不到的西。比如学校附近常会有很多江湖卖艺摆摊,也是我解的把

最后编辑于:2015-02-04 21:12

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (3)

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团