2015.02.04【日译中】《伤物语》 002章 (七)

生田妹 (生田) 译心传心
16 1 1
发表于:2015-02-04 22:03 [只看楼主] [划词开启]

 やや自意識過剰気味とも言える、そんなことを考えながら、少し歩くペースを落としていると、

   可以的上有些自我意识过剩,我边走边思考着那些事情,迈着的步子稍微一慢下来,

「ちょっと待ってよー」

   “等一下下~”

 と、後ろから声がかかってきた。

  身后就这样一个声音。

 羽川である。

   是羽川。

 何と、追ってきやがった。

   竟然被追了上来。

「やっと追いついた。歩くの速いんだね」

  “于追上你了。你走好快哦。”

「……帰るんじゃないのかよ」

  “你不回家?”

「んん? そりゃ最終的には帰るけれど。阿良々木くんこそ、どうして学校に戻ろうとしているの?」

  “恩?那当然最后是会回家的啦。不阿良良木才是,嘛会返回学校呢?”

「………………」

 “…………”

 名前を押さえられていた。

 她叫了我的名字。

 えええ?

   诶诶诶

 名札なんかつけてないぞ?

    我没有戴名牌哦?

「……えっと、まあ、自転車を取りに戻ろうと」

 “......唔,嗯,没什么,我是回来取自行的。”

「あっはー。自転車通学なんだ」

 “啊这样啊。你自行上下学的啊。”

「まあ、そうなんだ……家が中途半端な距離にあってな――」

 “嗯,是这样的,我家距学校近不近说远。”

 いや、そういうことじゃなく。

  不不是重点。

 僕が自転車通学だということは、どうやら知らなかったようだけれど。

  他好像不知道我自行上下学,不

「……何で僕の名前、知ってるの?」

 “你什么知道我的名字?”

「えー? そりゃ知ってるよ。同じ学校じゃない」

  “个当然知道呀。我不是同校嘛。”

 羽川は当たり前のようにそう言った。

   羽川理所当然地道。

 同じ学校って……。

    说是因为同校......

 同じクラスじゃない、みたいなノリでそんなことを言うか。

   说得像是同班同学一

「まあ、阿良々木くんは、私のことなんか知らないかもしれないけれど、阿良々木くんってそれなりに有名人だし」

  “唔,不阿良良木你可能不认识我,你那么有名。”

「はあ?」

  “哈?”

 思わず、そう訊き返してしまった。

    我不禁如此反

 有名人はお前のほうだろう。

    有名的是你才吧。

 まして僕など、私立直江津高校においては路傍の石のような存在である――クラスメイトだって、僕のフルネームを言えるかどうかは怪しいものだ。

  更何况像我种小角色,在私立直江津高中就和路小石子儿一。――即便是同班同学,不出我的全名也不奇怪。

「ん? どうしたの? 阿良々木くん」

?怎么了?阿良良木。”

「…………」

............

「こざと偏に可能の可、良い子の良いを二つ重ねて、樹木の木と書いて、阿良々木くん。下の名前は年月の暦で暦、だよね。だから阿良々木暦くん」

“写法是,左耳刀右一个可能的可,两个良好的良,树木的木,阿良良木。名字是日历的历,对吧。所以你的全名是阿良良木历。

「…………」

............

 フルネームも漢字も、完璧に押さえられていた。

   不管是全名是汉字,都被她了如指掌了。

 マジかよ……。

    不是吧............

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团