每日阅读|立春习俗,你还记得多少?

somanese (苏曼日语) 资深会员
1 0 1
发表于:2015-02-05 17:30 [只看楼主] [划词开启]

「迎春」は最初、国が執り行う祭りの儀式だった。その後、「宜春帖(文字を書いた紙を門に貼る)」や「挂春幡(春幡と呼ばれる旗を立春に掲げる)」など、シンプルで面白みのある慣わしが、徐々に民間へと広まっていった。春が到来すると、門の周りの壁に「宜春(良い春)」と書かれた紙を貼る。この習慣は唐代の長安ですでに行われていた。江南では、立春には門に「迎春春来、接福福到」の字が書かれた紙を貼る。内陸部の迎春の習慣は大きく異なる。例えば陝西省銅川市には古くから伝わる「戴春鶏」という慣わしがある。立春の日に、母親が布で3センチほどの雄鶏を作り、子供の帽子のてっぺんに縫い付ける。「鶏」と「吉」は中国語で同じ音で、吉祥を祈る気持ちを表している。つまり、いつの時代も、どこであっても、立春に全てがうまく運ぶことを祈るという点だけは共通している。

今日、農耕時代の考え方はすでに過去の物になり、当時の風習はだんだん廃れてきたが、吉祥を祈るという気持ちは今も変わらない。外在的な形から内在的な願いに変わっただけだ。(摘自人民网<日文版>)


(欢迎关注【苏曼日语】微信平台:Somanese)

最后编辑于:2015-02-15 12:51

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团