2015.02.05【日译中】ダンタリアンの書架ε(罒ω罒)з(8)

肉垫狂魔 (ふわふわの肉球o.O) 译心译意
11 3 0
发表于:2015-02-05 20:19 [只看楼主] [划词开启]

傲娇成长史

「グレイアム様のお屋敷の使用人で、レズリーと申します。もしヒューイ様がよろしければ、この馬車でお屋敷まで送らせていただきます。お車の修理のほうも業者に手配を」--手配(てはい)--事を行うために必要な物や人の準備、連絡、調整などをすること。

我叫蕾丝利,是古雷阿姆大人宅邸里的仆人。修伊先生不介意的话,请让我用着辆马车送您去宅邸,我们同时也会安排人修理你的车子。

「ああ、それはありがたいな。だけど.....」

啊啊,多谢你的好意。但是......

そう言ってヒューイは、ちらりと背後に目を向けた。

修伊这样说的同时,快速的向背后瞄了一眼。

彼の背中に隠れていた黒衣の少女が、怯えたように小さく肩を震わせた。

躲在他背后的穿着黑色衣服的少女,像是受到了惊吓一样,肩膀微微颤抖着。

見知らぬ大人のことを警戒しているのだ。人見知りの幼い子どものような態度だった。--人見知り--子供などが、知らない人を見て、恥ずかしがったり嫌ったりすること。

对不认识的大人保持警戒,态度就像是怕生的孩子一样。

レズリーは困ったように眉を寄せた。そして彼女は、ふと思いついたように、「ダリアン様.....あの、実は馬車の中には簡単なおやつを用意してございますが.....」

蕾丝利纠结的皱起了眉毛。然后像是突然想起了什么一样说道:妲利安小姐....那个,其实马车里准备了一些简单的茶点。

おやつ、という言葉の響きに、ダリアンがぴくりと反応した。

茶点这个词迅速的让妲利安有了反应。

黒衣の少女は、ヒューイの背中から顔だけ出してレズリーを見上げ、

穿着黑衣的少女,从修伊的背后探出脑袋,抬起头看着蕾丝利:

「おやつ....何?」

茶点....什么茶点?

ようやく聞き取れるくらいの小声で訊いた。

用勉强能被听见的声音小声问道。

レズリーはホッとしたような笑顔を浮かべ、

蕾丝利脸上露出了宽慰的笑容。

「そうですね。大したものはありませんが、揚げパンと......」

这样啊,没有什么特别的,我看看.....有炸面包和....

指折り数え始めたレズリーの言葉を最後まで聞き終わらないうちに、ダリアンはきっぱりと返答した。ヒューイの袖を引っ張りながら、「.....行く」

从蕾丝利扳起手指开始数,到话都没有听她说完,妲利安就拽住修伊的袖子果断的回答道:我去


最后编辑于:2015-02-05 20:19
分类: 日语
全部回复 (3)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团