2015.02.05 【日译中】杀人之门(一)11

生田妹 (生田) 译心传心
11 1 1
发表于:2015-02-05 23:06 [只看楼主] [划词开启]

 一回十円でくじ引きをさせるテキ屋がいた。一等トランシーバー、二等カメラといった具合に景品を見せ、子供たちの気をひくのだ。ところが大勢の子供たちが引けども引けども、誰一人景品は当たらない。すると頃合を見計らって、テキ屋は自分で箱に手を突っ込み、くじを引いてくる。開いてみると当たりくじだ。このようにちゃんと当たりは入っている、インチキじゃない、というわけだ。

     有个江湖骗子摆了个十日元一次的抽签摊。展示出一等奖收发机,二等奖照相机之类的奖品,来吸引小孩子。然而,一群孩子不管抽多少次,就是没人能抽到奖品。然后这个江湖骗子看准时机,自个儿伸手去箱子里抽签。打开一看竟然是中奖签。如此表明里面放有中奖签,不是骗人的。

「インチキだよ」倉持はこっそりと私の耳元でいった。

  “就是人的哦。”持悄悄在我耳边这样说道。

「おやじは箱に手を突っ込む前に、当たりくじを指の間に隠してるんだ。箱の中に当たりなんか入ってるものか」

  “那大叔在把手伸箱子之前就已把中奖签藏在指中了。箱子里怎么可能会放中奖签嘛!”

「だったら、みんなに教えてやらないと」

  “那得跟大家伙儿说说才行。”

 私がいうと、いいんだよ、と彼は顔をしかめた。

   我完后,他皱起眉头说,“不必了”

「馬鹿はほっとけ。余ってる金があるんだから、勝手に使わせときゃいいんだ」

  “管那群笨蛋了。反正他们钱多,随他去吧。”

 たぶん倉持は、テキ屋そのものは嫌いではなかったのだと思う。その証拠にテキ屋が現れると、彼は連中が去るまで眺めていた。彼自身は決して金を出したりしない。今から思うと、あれは彼にとっての授業だったのかもしれない。人を騙して金をとるテクニックの授業だ。

   得,也许仓持并不讨厌那些江湖骗子。因为只要每次有江湖骗子出现,他就会一直在旁观看,直到他们离去。而他自己不会去花一分钱。现在想起来,那些对他而言或许可以算得上是课程。是他学习骗人钱财手段的课程。

 倉持の家は豆腐屋を営んでいた。彼は長男だったから、順当にいけば店を継ぐことになるはずだった。しかし絶対に自分はやらないと彼はいった。

   持家里是豆腐的。身为长男的他,照理来应该承衣。但他却自己绝对不干。

「夏はいいんだよ。水を触ってりゃ気持ちいいからな。問題は冬だ。何もしなくても霜焼けになりそうな時に、水に手を突っ込むなんてことやりたくないよ」

  “夏天也就算了。碰到水挺凉快的。问题出就出在冬天。容易冻伤的季节里,压根儿就不想把手伸进水里去。

 それに、と彼は付け加えた。

    他接着充。

「一丁何十円なんて商売、まどろっこしくてやってられねえよ。商売するなら、一発でどかんと儲かるのがいい」

 “ 而且,一豆腐几十日元的买卖,要干到猴年月啊。做生意,要做就一口气赚他一大笔。”

「でかいものを売るのかい? 家とか飛行機とか」

 “大件儿?房子的。”

「それでもいいけど、一つ一つは小さくても、一気にたくさん売るって方法もあるよな。それから、形のないものを売るって手もある」

  “那些也行,不有办法可以把零碎小件儿一齐卖掉的哦。而且,可以售无形商品。”

「形のないもの? 何だよ、それ。そんなもの売れるわけないじゃないか」

  “无形商品?那是个啊。那种西怎么得出去嘛。”

 私が笑うと、倉持は馬鹿にしたような顔をした。

   我笑着完后,持一不屑。

「おまえは何も知らないんだな。この世の中には、形のないもので商売してる人間なんていっぱいいるんだぜ」

  “你都不懂啊。在个世界上,做无形商品生意的人多了去了。”

 彼がこういった考え方をどこから仕入れてきたのかを私が知るのは、もう少し後のことだ。この時には、変なことをいう奴だなと思っただけだった。

    了一段时间之后,我才知道他的些想法是从哪儿来的。那个候,我只是他是个满嘴胡话的家伙

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团