2015.02.06 【日译中】《伤物语》 002章 (八)

生田妹 (生田) 译心传心
21 1 0
发表于:2015-02-06 00:28 [只看楼主] [划词开启]

 名前と顔が一致しているってことは、もしもこいつがデスノート持ってたら、僕、殺されてるじゃん……。

   能把我的名字和脸对上,要是她有死亡笔记,那我岂不是要被杀了......

 いや、それは僕の側も同じだけれど。

   不,其我也知道她的名字呀。

「お前は――羽川、だ」

 “你叫――羽川。”

 仕返しというわけでも、意地を張ったというわけでもないが、しかし僕はあえて彼女の言葉には頷かず、そう言い返した。

   并不是反,也不是意气用事,但我刻意不回答她的这样回嘴道。

「羽川翼、だ」

 “羽川翼”

「わお」

 “哇哦”

 羽川は、露骨に驚いたみたいな表情を見せる。

  她打心底露出了惊的表情。

「すごい。私なんかの名前、知ってるなんて」

 “好害。竟然知道我的名字。”

「二年生一学期の期末テストで、保健体育及び芸術科目まで含めた全教科で、穴埋め問題一問しか間違わなかった、羽川翼」

 “二年一期的期末考中,包括体育、艺术在内的所有科目,只错一道填空题的羽川翼。

「え? ちょっと……やだもう、なんでそんなことまで知ってるの?」

 “?等一下……讨厌这种事情都知道?”

 更に驚く羽川。

  羽川吃惊。

 どうやら演技ではないらしい。

  看来她不是在演

「あれ……? ひょっとして阿良々木くんて、私のストーカーだったりする? あっはー、それはいくらなんでも被害妄想強過ぎかな?」

 “……?不成,阿良良木你是我的跟踪狂?阿哈,我这样是不是于被害妄想了?”

「……別に」

  “……好”

 どうもこいつ――有名人の自覚がないようだ。

  看来家伙没得自己是名人。

 自分のことを『普通』だと思い込んでいる。

  她深信自己很普通。

 ちょっと真面目なだけが取り柄の普通の女の子、か?

  一个点只有真的普通女孩子,

 その上で、僕なんかのことを有名人扱いしてくるのだから、性質が悪い――まあ僕も、落ちこぼれとしては、それなりに認識されているということなのだろうけれど。

   而且,她把我种人当作名人待,性有点劣啊――不可能是因我作小有名气吧。

 しかしだからといって、それを指摘しても意味なんかないか……。

       但话虽这么说,我拿这些话去批评她也没什么作用啊……

 僕は適当に答えておくことにした。

  我决定随便点什么付她了。

「宇宙人の友達に聞いたんだよ」

 “是从我外星朋友那里听的啦。”

「え? 阿良々木くん、友達いるの?」

 “?阿良良木你有朋友?”

「宇宙人がいるかどうかを先に訊け!」

 “你首先应该问我是否有外星人才对!”

 ほぼ初対面の相手に突っ込みを入れてしまった。

  我不禁对这几乎是初次面的人吐起槽来。

 しかし、悪気はないにしたって酷い物言いである。

  不,就算我没有意,这语气也有些重了。

「いや、その」

 “不是,那个”

 さすがにそれを自覚したらしく、羽川はばつが悪そうな感じに言う。

   她貌似没有察一点,一脸难为情地道。

「阿良々木くんって、いつも一人で、孤高に暮らしているみたいなイメージがあったから」

 “因阿良良木你啊,一直都是一个人,总人一种很高冷的感觉。

「どこの格好いい奴だよ、それ」

 “你是哪里的哥啊。”

 一応僕のことを知っちゃあいるようだが。

  看来她像是大概知道一点关于我的事情。

 やっぱり、よくは知らないようだ。

  不也只是一知半解。

最后编辑于:2015-02-08 22:18

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团