2015.02.06【日译中】「流星の絆」第三章7(34句)

兰汐羽兮 (神谷みか/みかの消失) 译心传心
56 15 0
发表于:2015-02-06 12:46 [只看楼主] [划词开启]


萩村は隣に座っている柏原を見た。彼は頬杖をつき、目を閉じている。眠っているのでないことは、もう一方の手の指が机を叩いていることでわかる。

荻村看向坐在旁边的柏原。只见他托着腮,闭着眼睛。因为他另外一只手在敲着桌子,所以荻村知道他没在睡。

 

  「子供たちはどうしたんですか」萩村は小声で訊いた。

   “孩子们怎么样了”荻村小声问道。

 

  「旅館にいる」柏原はぼそりと答えた。

   “在旅馆”柏原悄声说道。

 

  「旅館?」

“旅馆?”

 

   柏原は頬杖をしていた手を外し、首の後ろを揉んだ。

      柏原放下托着腮的手,揉了揉后脑勺。

 

  「汐入(しおいり)にある旅館だ。長男の担任が一緒にいるはずだ」

   “汐入的一家旅馆。长子的班主任也一起去了。”

 

  「柏原さんが連れていったんですか」

    “柏原前辈没有一起过去吗”

 

  「いや、俺はパトカーに乗せるまでだ」

“我只送他们到警车。”

 

  「どんな様子でした?」

“他们当时什么样子”

 

  「子供らか」

“孩子们吗”

 

  「ええ」

    “嗯嗯”

 

   柏原は、ふうーっとため息をついた。

     柏原“呼——”地叹了一口气。

 

  「妹はまだ寝てたな。長男がさ、起こさないでくれっていうんだよ。それで、警官が抱っこしてパトカーに乗っけてた」

   “妹妹还在睡觉。长子让我们不要叫醒她。所以,是警察抱着坐在警车上的。”

 

  「妹は親が殺されたことは……」

   “妹妹对于父母被杀的事……”

 

  「知らないんだよ。それで長男がそういったんだ」柏原は腕時計を見た。「まだ話してないかもしれないな。あの担任教師が話すのかねえ。頼りなさそうなおっさんだったけど、大丈夫かな」

    “不知道。长子这样说的。”柏原看向手表。“还没有告诉她。也没有告诉那个班主任。虽然是个很可靠的叔叔,不知道有没有问题啊”

 

  幼い少女に、一体どんな言葉で今度の惨劇を伝えればいいのか、萩村にはまるでわからなかった。自分がその役でなくてよかったと思った。

   对于幼小的女童,究竟要如何告诉她这次发生的惨剧呢。荻村完全不知道该怎么办才好。不需要自己去告诉实在太好了。

 

  「長男や次男はどうです」 

   “长子和次子呢”

 

  「上の兄ちゃんはしっかりしている。一課の連中が質問することにも答えてた。横で聞いてて、すげえなあと感心したよ」

   “长子非常坚强。也能回答搜查一课的问题。我在旁边听着,不禁十分佩服。”

 

  「弟は?」

    “弟弟呢?”

 

  「弟は——」柏原はゆらゆらと頭を振った。「口がきけなくなってた。パトカーに乗る時も人形みたいだった。目が死んでだよ」

   “弟弟——”柏原摇摇头道。“不能说话。坐在警车上时看来就像人偶。眼神无光。”

最后编辑于:2015-02-06 12:48

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (15) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团