沪江社团 > 日本村 > 帖子

时间的脚步——《天声人语集萃2》

日本村外教网 (にほんむら) 资深达人
6 1 3
发表于:2015-03-16 12:11 [只看楼主] [划词开启]

希望大家能进来读一读听一听啊~对阅读理解和听力都有好处~还长见识~很多日语系学生很多老师都自己花钱买的(比如我) 这么好的免费资源希望大家能够收到啊啊啊啊!




▼パリの地下鉄で少女のスリ団に囲まれたことがある。動きに気づいて眼前の腕をねじ上げたら、100ユーロと50ユーロの札がはらり。財布には10ユーロも何枚かあったのに、人の懐中で札を選んでいた。その指技に絶句しながら、走り去る3人組を見送ったものだ。



在巴黎的地铁,我曾经被一伙少女扒手包围。发现她们的动机后我把眼前一个人的胳膊反拧了上去,100欧元和50欧元的纸币就散落下来。钱包里也有一些10欧元的,她们碰都不碰,在别人口袋里的钱也要挑三拣四一番。我一边惊讶于她们的手法,一边目送她们的离去。


▼26年ぶりの安値に沈んだ日経平均が昨日、一瞬だが7千円を割った。1年前、株価の6千円台、7千円台といえば「1万」を省いた言い方だった。それが省く前から消えている。投資家は、金融危機という米国発のスリ団に万札をやられた思いだろう。連中、1日で世界を一周する足を持つからタチが悪い。


落入了26年间最低值的日经指数在昨日一度跌落破7000日元。一年前,如果有人说股指在6000点或7000点的话绝对是对“一万点”的省略说法。但这次还未省略却已经消失殆尽了。投资家恐怕认为这是被所谓正在金融危机的美国的盗窃团体偷去了那万元。这些家伙们最令人气愤的就是拥有一双一天内能跑遍全世界的“飞毛腿”。


▼地獄のふちをのぞいた株価は、首をすくめて上昇に転じた。上げ幅はしかし、ここ4営業日の落ち込みに対して2割。円高もあって相場の先は見えない。連日の神経質な動きは、市場の震えか痙攣(けいれん)か。


身处地狱边缘的股票价格,“缩脖”后略有上涨。但其上涨幅度仅为前几日跌幅价格的两成。日元增殖后股票市场的未来似乎无法预见。而近日来市场近乎于神经质的一系列动作究竟是颤抖还是痉挛呢。


▼東証1部の時価総額から1年で約300兆円が飛んだ。生産、雇用、消費。生の経済活動が被る傷も浅くは済むまい。内外の自動車産業の苦境がすべてを物語る。


在一年间东证1部的时价总额丢失了300兆日元。生产,雇用,消费等即时性的经济活动所遭受的创伤也不会草草了事。国内外的汽车行业的苦境正说明了这一切。


▼株価が同じ水準にあった82年春、500円硬貨が発行された。思えばこの年を挟む70~80年代、株価は500円玉を毎年積み上げるように1万円を目ざした。緩やかだが堅実な、そして懐かしい右肩上がりの時代である。


与目前的股价持平的时代82年春天,当时发行了500元的硬币。想想夹着这一年的70,80年代,股票价格也是以每年500元的单位积累起来冲向1万日元。是缓慢的但是坚实,并且令人怀念的上升时代啊。


▼ドイツの詩人シラーは「時の歩み」をこう詠じた。〈未来はためらいつつ近づき、現在は矢のように速く飛び去り、過去は永久に静かに立っている〉。時は金なりと言うが、飛び去った金はいずれ、ためらいながら戻って来る……のだろうか。


德意志诗人希拉在“时间的脚步”中也是这样咏到。“未来正在踌躇着靠近,现在却如同箭一般飞逝而去,过去永远都是安静的站在那里”。虽说时间就是金钱,飞出去的金钱早晚都是还要踌躇着回来的吧。


解说:


ヨーハン·クリストフ·フリードリヒ·フォン·シラー(Johann Christoph Friedrich von Schiller、1759年11月10日 - 1805年5月9日)は、ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家。ゲーテと並ぶドイツ古典主義(Weimarer Klassik)の代表者である(初期の劇作品群はシュトゥルム·ウント·ドラング期に分類される)。独自の哲学と美学に裏打ちされた理想主義、英雄主義、そして自由を求める不屈の精神が、彼の作品の根底に流れるテーマである。青年時代には肉体的自由を、晩年には精神的自由をテーマとした。彼の求めた「自由」はドイツ国民の精神生活に大きな影響を与えた。 

本帖来源社刊

全部回复 (1)

  • 3

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团